無料ブログはココログ

« ジョン・レノンの僕の戦争(1967年、イギリス) | トップページ | 【松岡修造誕生祭】 More Be HOTTER!!! ~2009 炎の祭典~ 【合作】(2009年、日本) »

CHRISTIE'S NEW YORK『THE SCHOLAR'S EYE : PROPERTY FROM THE JULIUS HELD COLLECTION - PART1』

 神保町の古書店で入手しました。

Christies

 オークション業界大手・クリスティーズが発行する、オークションカタログです。本書の題名を邦訳するなら「学者の目:ジュリウス・ヘルド・収集品の財産 パート1」といったところ。ちなみに中身の文章は英語です。
 まずはこのコレクションの収集者について、カタログの紹介文(P9)から簡単に説明します。ジュリウス・ヘルド(Julius Held)教授は1905年にドイツに生まれ、1934年にニューヨークに渡り、さらにはバーナード大学やコロンビア大学で教鞭を執ったとのこと。2002年、ヴェルモントにて没。
 で、ヘルド教授が生前集めていた美術品がオークションで売りに出される運びになったわけですな。
 ユダヤ・キリスト教の伝説を題材にした宗教画やギリシア・ローマ神話を題材にした絵画、イタリアの風景画、肖像など色々とあります。
 ちなみに、ピカソやゴッホといった、誰でも知っているような有名人の作品はありません。一番知名度がある(と思われる)のは、P84-85「キリストのエルサレム入城(Christ's Entry into Jerusalem)」のギュスターヴ・ドレ(Gustave Dore)でしょうか。
 まあ、そんな逸品はそうそうあるものではないですしね。

ギュスターヴ・ドレ「キリストのエルサレム入城」

« ジョン・レノンの僕の戦争(1967年、イギリス) | トップページ | 【松岡修造誕生祭】 More Be HOTTER!!! ~2009 炎の祭典~ 【合作】(2009年、日本) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/32239321

この記事へのトラックバック一覧です: CHRISTIE'S NEW YORK『THE SCHOLAR'S EYE : PROPERTY FROM THE JULIUS HELD COLLECTION - PART1』:

« ジョン・レノンの僕の戦争(1967年、イギリス) | トップページ | 【松岡修造誕生祭】 More Be HOTTER!!! ~2009 炎の祭典~ 【合作】(2009年、日本) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31