無料ブログはココログ

« 岡田克也外務大臣記者会見@外務省 生放送 | トップページ | ちょっとした報告 »

加藤廣『謎手本忠臣蔵(上)』新潮社

 冒頭の柳沢吉明(後の吉保)と吉良上野介の会見シーンで参ってしまいました。
 保明は上野介に桜湯を出したのですが、2杯目の桜湯には赤穂産の塩を用いて、上野介を試しています。粗忽者の私なんぞには到底ついていけない、高度な政治ゲームです。

 それはさておき、本書の中で大石内蔵助は、主君(浅野長矩)がなぜ吉良上野介に対して怒り、あえて殿中で刃傷沙汰に及んだのかについて知ろうとし、その一方ではやる赤穂藩士たちを巧みに抑え込んでいます。
 刃傷に及んだ理由については下巻で明らかとなるでしょうし、「神君の密書」フラグも回収されることを期待しつつ、下巻へと続く。

謎手本忠臣蔵 上 Book 謎手本忠臣蔵 上

著者:加藤 廣
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 岡田克也外務大臣記者会見@外務省 生放送 | トップページ | ちょっとした報告 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/31614268

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤廣『謎手本忠臣蔵(上)』新潮社:

« 岡田克也外務大臣記者会見@外務省 生放送 | トップページ | ちょっとした報告 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31