無料ブログはココログ

« 霊と暮らす男(2009年、日本) | トップページ | 加藤廣『謎手本忠臣蔵(下)』新潮社 »

播磨屋ステーション

 9月某日、東京霞ヶ関にあるフリーカフェ「播磨屋ステーション」に行ってきました。
 おかき(煎餅)と飲み物がタダということでマスコミにも何度か取り上げられており、機会があれば行ってみたいと思っていました。
播磨屋ステーション
 で、最初ということで少々の遠慮があったためか(?)、皿に盛ったおかきの量が心なしか控えめに。隣のカウンター席に座った女性はもっと山盛りにしていたので、私もあれくらい盛っておけばよかったかな…と、ちょっぴり後悔しました。
 味の方はというと、しょっぱいものあり、甘いものあり、豆が入っているものありと、なかなか楽しめました。

 ところで、店内で「Your Gateway to Real Freedom 大いなる自由へのいざない」という播磨屋ステーションのパンフレットを入手したのですが、読んでみると思想的に香ばしい箇所が見受けられます。
 ちょっと長くなりますが、例としてP14の一部分を引用します。

○そのカギの使い方
○近未来のシナリオ
○あなたへの忠告と要望
○天啓の書『真実』
 以上の四項目については、内容が余りにも現実離れしており、またそれ故に一般的現代人(人生とは人間同士の優劣競争の場なのだとマインドコントロールされてしまっている人々)には、ショッキングすぎると思いますので、このパンフレットでは割愛させていただきます。

 引用文の中に登場する『真実』とは、社長の播磨屋助次郎の著書『二十一世紀への壮大なロマン 真実』のことです。私は本書を読む気はないのですが、自らの著書を「天啓の書」とうたっているということは、この書は社長が天の神から啓示を受けて書いたものだと推察いたします。それなら「内容が余りにも現実離れして」いてもおかしくはありません。

« 霊と暮らす男(2009年、日本) | トップページ | 加藤廣『謎手本忠臣蔵(下)』新潮社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播磨屋ステーション:

« 霊と暮らす男(2009年、日本) | トップページ | 加藤廣『謎手本忠臣蔵(下)』新潮社 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29