無料ブログはココログ

« 播磨屋ステーション | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

加藤廣『謎手本忠臣蔵(下)』新潮社

 いやはや、すさまじいスパイ合戦ですな。
 ネタバレになるので詳しくは言えませんが、赤穂浪士が諜報活動するのみならず、黒鍬衆や上杉家の隠密も暗躍しており、まさか○○までスパイだったとは…となっております。
 ちなみに、上巻で明らかにされなかった「神君の密書」の行方については、ああいう決着(ネタバレになるのでこれも言えません)が一番妥当なんじゃないかと思います。あんな物騒なものは、世に出てしまったら上下巻だけでは収拾がつかなくなり、本書が「忠臣蔵」の範疇を超えてしまうだろうからです。

謎手本忠臣蔵 下 Book 謎手本忠臣蔵 下

著者:加藤 廣
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 播磨屋ステーション | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/31651992

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤廣『謎手本忠臣蔵(下)』新潮社:

« 播磨屋ステーション | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31