無料ブログはココログ

« 長い髪の女(2009年、日本) | トップページ | 週間金曜日取材班『増補版 電通の正体――マスコミ最大のタブー――』金曜日 »

唐沢俊一・著、ソルボンヌK子・マンガ『昭和ニッポン怪人伝』大和書房

 昭和の高度経済成長期を彩った偉人・変人・奇人たちを紹介。取り上げられているのは手塚治虫、水木しげる、長嶋茂雄、王貞治、三島由紀夫、川端康成、佐藤栄作、田中角栄、等々…。
 第5章(P89)で映画のヒーローとして007と寅さんが取り上げられていますが、本書では両社にライバル関係を見出しています。曰く、どちらも観光映画とのこと。
 なるほど、「男はつらいよ」には確かに観光映画としての側面があるのは感付いていましたが(どこかの観光地が「男はつらいよ」の撮影を誘致していると新聞の記事で読んだ記憶がある)、「007」にもそれがありましたか。
 次に「007」を観る機会があったら、そういう視点でチェックしてみるのもいいかもしれませんねえ。

昭和ニッポン怪人伝 Book 昭和ニッポン怪人伝

著者:唐沢 俊一,ソルボンヌK子 (絵)
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 長い髪の女(2009年、日本) | トップページ | 週間金曜日取材班『増補版 電通の正体――マスコミ最大のタブー――』金曜日 »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/31691558

この記事へのトラックバック一覧です: 唐沢俊一・著、ソルボンヌK子・マンガ『昭和ニッポン怪人伝』大和書房:

« 長い髪の女(2009年、日本) | トップページ | 週間金曜日取材班『増補版 電通の正体――マスコミ最大のタブー――』金曜日 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31