無料ブログはココログ

« 廃墟学校(2009年、日本) | トップページ | 著作権情報誌『くれあとーれ No.17 Sep2009』 »

加藤廣『信長の棺』日本経済新聞社

 本能寺の変で死んだ織田信長。信長の死体は発見されなかった。
 信長に仕えていた太田牛一は、信長の伝記を執筆し続けながら、信長の死体の行方を捜し求める…。

 本能寺の変については、黒幕は誰であるかなど謎が多く、それゆえに数多くの歴史家および歴史小説家によって様々に推理されています。
 で、本書で描かれる黒幕は…おっと、ネタバレになってしまうから伏せておきますが、割と有名な説を採用していますな。
 とはいえ、本書で最後まで追い求められるのは信長の遺骸です。黒幕については中盤にわかるものの、こっちの方はなかなかわからず、ページをめくっていて、
「残りはこの文量だけど、大丈夫だろうか?」
 と、ちょっとばかり心配してしまいました。しかし清如(権兵衛)の語りによって怒涛の勢いで真相が明らかになるとは…。正直、この急展開ぶりには頭がクラクラしましたぞ。

信長の棺 Book 信長の棺

著者:加藤 廣
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 廃墟学校(2009年、日本) | トップページ | 著作権情報誌『くれあとーれ No.17 Sep2009』 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/31837163

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤廣『信長の棺』日本経済新聞社:

« 廃墟学校(2009年、日本) | トップページ | 著作権情報誌『くれあとーれ No.17 Sep2009』 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31