無料ブログはココログ

« 滝田誠一郎『50代にもよくわかる「ブログ」入門』ベスト新書 | トップページ | 【自民党ネットCM】プロポーズ篇(2009年、日本) »

梁東準・太田哲二・全順子『韓国偉人伝』明石書店

 どこの国、どこの民族でも歴史上に偉人とされる人物がいるわけでして、韓国にも当然ながらそういう人物がいます。
 で、本書ではどんな偉人が紹介されているかというと…

・柳寛順  三・一運動で獄死した女子学生
・乙支文徳 隋の大軍一一三万を破った英雄
・申師任堂 韓国人が最高に尊敬する女性
・李瞬臣  豊臣秀吉の野望を砕いた水軍の英雄
・金通精  最後の三別抄将軍
・世宗大王 ハングルを創制した大王
・王仁   日本に文字をもたらした百済一の学者
・広開土王 碑文に刻まれた偉大なる功績
・檀君王検 建国神話

 以上の9人です。
 本書の序文「はじめに」によると、

 本書で取り上げた九人の人物名を並べて、日本人に「知っている人物はいますか?」と尋ねても、「一人も知らない」と答えるのがおそらく大半であろう。「聞いたことがある。知っている」と答える人でも、「せいぜい一人か二人」である。

 とあります。ちなみに私は本書を読む前に李瞬臣、世宗大王、王仁(わに)、広開土王(好太王)、檀君の5名は知っていたので、「平均的な日本人」よりは詳しいといえるのではないでしょうか。
 とまあ、自慢はさておき、本書のツッコミどころを指摘しておきます。

(1)第五話の金通精。「最後の」とあるとおり、物語の最後の最後にならないと登場しない。第五話は135ページから始まって168ページで終わるのですが、金通精は166ページでようやく登場します。つまり、彼の活躍が描かれるのはたったの3ページ…。

(2)第九話の檀君。偉「人」というより神様だろ。本書によると「寿命は千九百八歳であった」(P247)とあるし…。

 最後に本書を読み終えて気付いたことを一つ。
 あれ? 金春秋が載ってないじゃん。

韓国偉人伝 Book 韓国偉人伝

著者:梁 東準,全 順子,太田 哲二
販売元:明石書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 滝田誠一郎『50代にもよくわかる「ブログ」入門』ベスト新書 | トップページ | 【自民党ネットCM】プロポーズ篇(2009年、日本) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/30958041

この記事へのトラックバック一覧です: 梁東準・太田哲二・全順子『韓国偉人伝』明石書店:

« 滝田誠一郎『50代にもよくわかる「ブログ」入門』ベスト新書 | トップページ | 【自民党ネットCM】プロポーズ篇(2009年、日本) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31