無料ブログはココログ

« 紀文・ディズニー商品「キャラクターを探せ!プレゼントキャンペーン」 | トップページ | マネパ1000万人の FXトレーニング »

宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる?』並木書房

Q.北京五輪後、中国はどうなる?
A.中国は崩壊する。
 というのが本書の要旨で、その理由がいろいろと述べられています。曰く、共産党政権は歴代王朝の末期と酷似してきた(P17)、ウイグル独立運動にも講義の火がついた(P30)、公務員の腐敗・職権乱用が猛烈な勢いで拡大している(P58)、つぎは中国版サブプライム問題(P137)などなど…。
 それはともかくとして、中国の市場経済を「軍国主義的市場経済」(第4章)と表現したのは面白かった。
「社会主義と市場経済は対立する概念であり、両立はあり得ない。中国共産党が経済を運営し、経済政策が一党独裁の権力のための利益が追求される以上、本格的資本主義たりえないが、軍国主義的な資本主義なら、それは可能である。軍事買弁資本家(=中国共産党)がすべてを決めているのだから。」(P101)
 中国は日本を軍国主義だ何だと批判していますが、言ってる本人が軍国主義的なら何をか言わんやですな。

北京五輪後、中国はどうなる? Book 北京五輪後、中国はどうなる?

著者:宮崎正弘
販売元:並木書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 紀文・ディズニー商品「キャラクターを探せ!プレゼントキャンペーン」 | トップページ | マネパ1000万人の FXトレーニング »

書評(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/29853938

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる?』並木書房:

» 骨、リンパ節への転移もある末期の癌からの奇跡の復活 [大腸癌/子宮癌/すい臓がん/前立腺がん/食道がん…の治療法[澄川信也]ガン治療に効果的な食事法]
山口県 高橋浩二 様 9200もあった腫瘍マーカーが 1年後には3.6と(正常値内4.0以下)に入りました。 現在は0.05前後を保っています。私は3年前の6月、前立腺癌の告知を受けました。 それも、骨、リンパ節へ... [続きを読む]

« 紀文・ディズニー商品「キャラクターを探せ!プレゼントキャンペーン」 | トップページ | マネパ1000万人の FXトレーニング »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30