無料ブログはココログ

« スラムドッグ$ミリオネア(2008年、イギリス) | トップページ | トーヨーキッチンスタイルTOKYO »

座頭市千両首(1964年、日本)

 この映画はギャオの昭和TVで観ました。

監督:池広一夫
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、長谷川待子、城健三朗、島田正吾、石黒達也、丹羽又三郎、片岡彦三郎
原作:子母沢寛

あらすじ…百姓の上納金が強奪される事件が起こる。逃走中の国定忠治一味が犯人とされ、更にたまたま通りかかった座頭市も巻き込まれてしまう。

 久しぶりに勝新太郎版座頭市を観たのですが、1964年といえば東京オリンピックの年でしたな。道理で勝新太郎が若いわけだ。
 それはさておき、最後の浪人との決闘シーンでは、浪人が馬に乗って襲い掛かってきて、座頭市は不意を突かれてピンチに陥ります。座頭市ほどの聴覚の持ち主なら、馬の足音で来襲をかなり早い段階で察知することができるはずで、従って不覚を取ることもないのではと思いました。
 しかし、最後の最後で殺陣を盛り上げるには、あのようなピンチを演出した方がいいのかもしれませんな。

勝新太郎/座頭市千両首 勝新太郎/座頭市千両首

販売元:アサヒレコード
楽天市場で詳細を確認する

« スラムドッグ$ミリオネア(2008年、イギリス) | トップページ | トーヨーキッチンスタイルTOKYO »

1960年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/29089429

この記事へのトラックバック一覧です: 座頭市千両首(1964年、日本):

« スラムドッグ$ミリオネア(2008年、イギリス) | トップページ | トーヨーキッチンスタイルTOKYO »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31