無料ブログはココログ

« 岡野昌雄『イエスはなぜわがままなのか』アスキー新書 | トップページ | エクセルでインベーダー作ってみた(2009年、日本) »

佐藤優『国家と神とマルクス 「自由主義的保守主義者」かく語りき』太陽企画出版

 自らの裁判のことや、獄中で読んだ本のレビュー、歴史・思想についての論考と、種々雑多な内容となっています。なぜそうなっているのかというと、『文藝春秋』『週刊読書人』『月刊日本』『現代』などの各雑誌に様々なテーマで寄稿したものを一冊に取りまとめたものだからです。
 本書では『神皇正統記』や大川周明、カール・マルクスに安田好弘と、左右両翼を幅広く取り上げており、佐藤優という人物の頭の中の広大さが見て取れます。ところで、本書の第5章の題名が「国家という名の妖怪」なのですが、「佐藤優という名の妖怪」を想起してしまいました。

国家と神とマルクス―「自由主義的保守主義者」かく語りき Book 国家と神とマルクス―「自由主義的保守主義者」かく語りき

著者:佐藤 優
販売元:太陽企画出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 岡野昌雄『イエスはなぜわがままなのか』アスキー新書 | トップページ | エクセルでインベーダー作ってみた(2009年、日本) »

書評(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/29240625

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤優『国家と神とマルクス 「自由主義的保守主義者」かく語りき』太陽企画出版:

« 岡野昌雄『イエスはなぜわがままなのか』アスキー新書 | トップページ | エクセルでインベーダー作ってみた(2009年、日本) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30