無料ブログはココログ

« 水子は人を祟るのか? 水子地蔵ルポ(2009年、日本) | トップページ | ZEEBRA 20th ANNIVERSARY THE LIVE ANIMAL in 武道館 »

空飛ぶタイヤ 第一話(2009年、日本)

 このWOWOW連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」は、番組完成披露試写会で観ました。

監督:麻生学
出演:仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人、水野美紀、ミムラ、袴田吉彦、他
原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社)
備考:社会派ヒューマンサスペンスドラマ

 イベントの冒頭、出演者の仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人、水野美紀、國村隼の5名が舞台挨拶に登場。この試写会がブロガー向けのイベントであることを意識したコメントが散見されました(例えば、あいさつの最後に仲村トオルが「ぜひ好意的なブログ(記事の執筆)をお願いします」と言っていました)。
 こういったその時その場所ならではの発言というのは、紋切り型の宣伝文句の羅列に較べればはるかに好感が持てます。

 さて、続いては本題のドラマについて。
 今回のイベントで視聴したのは全5回のうちの第1回(初回)のみなのですが、この回だけでも随分と内容が濃くて重いとの印象を受けました。その根拠を3つ挙げておきます。

(1)登場人物が多い
 出演する俳優の顔ぶれだけを見ても、ドラマ2~3本は制作できるんじゃないかと思えるくらい多い。おまけに、脇役に至るまでキャラが立っている。

(2)会話のシーンが多い
 風景を淡々と流すとか、登場人物が一人で沈思黙考するなどといったシーンは殆ど見受けられず、人と人が話しているシーンが圧倒的に多い。

(3)緊張が続く
 演出の一つの手法として、2つの緊迫したシーンの間にユーモラスなシーンを挿入して、そこで観客に一息つかせる、というものがあります。
 しかるに、このドラマではユーモラスなシーンがなく、絶えず緊張しっぱなしとなっています。

 ちなみに、このドラマで扱っている「大企業のリコール隠し」のモデルとなった実在の事件について、若干の心当たりがありますが、それについては省略。もしもこの社会派ドラマの視聴をきっかけに、社会問題としてのリコール隠しに興味をお持ちになったら、関連書籍を参照するなりして調べてみるといいでしょう。

 尚、このドラマは第1話無料放送となっております。

« 水子は人を祟るのか? 水子地蔵ルポ(2009年、日本) | トップページ | ZEEBRA 20th ANNIVERSARY THE LIVE ANIMAL in 武道館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/28687294

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶタイヤ 第一話(2009年、日本):

« 水子は人を祟るのか? 水子地蔵ルポ(2009年、日本) | トップページ | ZEEBRA 20th ANNIVERSARY THE LIVE ANIMAL in 武道館 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30