無料ブログはココログ

« 小島毅『足利義満 消された日本国王』光文社新書 | トップページ | 稲垣太郎『フリーペーパーの衝撃』集英社新書 »

金属探知機をつかって、いくらお金を見つけられるか?(2009年、日本)

 この動画は、民の大挑戦で観ました。
http://tami.biglobe.ne.jp/challenge/athlete.html?start=10&id=64

出演:渡辺ラオウ(おかゆ太郎)

 砂浜で金属探知機を使って硬貨を探し当てるというもの。
 で、その結果なのですが、5時間で1498円を拾ったということは、時給は約300円という計算になりますな。
 でも、探せば結構あるもんですねえ。自動販売機の釣銭口を探すよりはいいかもしれません(ただし、こちらは金属探知機を用意するという設備投資が必要ですが)。

« 小島毅『足利義満 消された日本国王』光文社新書 | トップページ | 稲垣太郎『フリーペーパーの衝撃』集英社新書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/28633709

この記事へのトラックバック一覧です: 金属探知機をつかって、いくらお金を見つけられるか?(2009年、日本):

« 小島毅『足利義満 消された日本国王』光文社新書 | トップページ | 稲垣太郎『フリーペーパーの衝撃』集英社新書 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31