無料ブログはココログ

« エリートヤンキー三郎 | トップページ | 『[実録]放送禁止作品』三才ブックス »

堀越孝一=編『新書ヨーロッパ史 中世篇』講談社

 中世ヨーロッパの歴史を新書の形式で概説したもの…なのですが、その中の『概説「ヨーロッパ」の成立』(P19-146)がとにかくつまらない。井沢元彦『逆説の日本史』や塩野七生『ローマ人の物語』は面白いのに、こっちの文章は何故こんなにつまらないのかと思ってしまいます。
 ちょっと長くなりますが、例として引用します。

 アウストラシアはもともとランスやメッツに首邑を置いた公国だったが、七世紀の後半、ランス、メッツはネウストリアにゆずり、重心を東に移動させて、マース川流域からライン川流域にかけて領主支配の網の目をかぶせる内陸農業社会を実現しつつあった。(P37)

 大まかな事実を羅列しているだけで、この文章はさながら、歴史が嫌いになる学生が厭々読まされる歴史教科書の記述のようです。
 例えば、アウストラシアはランス、メッツをなぜネウストリアに譲ったのか、そこにはどんな政治情勢・政治的意図があったのか、さっぱりわからない。
 著者(堀越孝一)はひょっとしたら、「紙幅の関係で…」とか「これは概説。詳しく知りたい方は他の著作をどうぞ」などといった弁明をするかもしれませんが、この本を手に取る読者のモチベーションは高いとは限らないので、読ませる工夫をしておく必要があるということを指摘しておきます。
 ちなみに、本書をちょっとだけフォローしておくと、概説の後に登場する特論1~4は、概説に較べれば面白かったです。概説に較べれば…。

新書ヨーロッパ史 中世篇  /堀越孝一/編 [本] 新書ヨーロッパ史 中世篇 /堀越孝一/編 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

« エリートヤンキー三郎 | トップページ | 『[実録]放送禁止作品』三才ブックス »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/28220080

この記事へのトラックバック一覧です: 堀越孝一=編『新書ヨーロッパ史 中世篇』講談社:

« エリートヤンキー三郎 | トップページ | 『[実録]放送禁止作品』三才ブックス »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30