無料ブログはココログ

« ハレルヤガーデン | トップページ | 木原浩勝・中山市朗『新耳袋 現代百物語 第十夜』メディアファクトリー »

小和田哲男『戦国軍師の合戦術』新潮社

 「まえがき」によると、著者は軍記物に描写されている合戦で呪術に関する記述を目の当たりにすると、「どうせ、軍記物の作者の創作だろう」(P9)程度にしか考えていなかったとのこと。
 ここには、井沢元彦氏が『逆説の日本史』で繰り返し指摘してきた、歴史学会における「呪術的側面の軽視」を思わせるものがあります。
 しかしその「軽視」も、同時代の当事者が書いた文献・記録にも似たようなケースが出てくるに及んで、自分の考えを修正しています。
 で、この本は修正した考えに基いて史料を呪術的側面から洗い出しています。

 呪術をただの迷信と侮ってはいけません。呪術によって将兵のマインドコントロール(モチベーションを上げて士気を高揚させる)したり、新しく占領した土地の民心を高めたりと、「合理的」な理由があるということです。

戦国軍師の合戦術 (新潮文庫) Book 戦国軍師の合戦術 (新潮文庫)

著者:小和田 哲男
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ハレルヤガーデン | トップページ | 木原浩勝・中山市朗『新耳袋 現代百物語 第十夜』メディアファクトリー »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/25731685

この記事へのトラックバック一覧です: 小和田哲男『戦国軍師の合戦術』新潮社:

« ハレルヤガーデン | トップページ | 木原浩勝・中山市朗『新耳袋 現代百物語 第十夜』メディアファクトリー »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31