無料ブログはココログ

« 渋谷で街頭取材!「エゴン・シーレ、どうですか?」(2008年、日本) | トップページ | 春と秋のカエルの王子[第1章](2008年、日本) »

守屋洋『兵法三十六計』三笠書房

 借刀殺人や暗渡陳倉、遠交近攻などの36の計略をまとめた「兵法三十六計」の解説書。古今東西の様々な事例を紹介しつつ計略を説明しています。
 これは戦争の書ですが、現代ビジネスにおいてもある程度は応用可能です。例えば上屋抽底(第二十八計)では、本田技研のやり方を紹介しています。
 又、美人計(第三十一計)は、現代でもハニートラップとして用いられています。そもそもは「相手を籠絡して、やる気をなくさせる」(P188)ものでしたが、ハニートラップの場合はスキャンダルをネタに脅し上げるのが一般的になっているようです。

Book 兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)

著者:守屋 洋
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 渋谷で街頭取材!「エゴン・シーレ、どうですか?」(2008年、日本) | トップページ | 春と秋のカエルの王子[第1章](2008年、日本) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/22755288

この記事へのトラックバック一覧です: 守屋洋『兵法三十六計』三笠書房:

« 渋谷で街頭取材!「エゴン・シーレ、どうですか?」(2008年、日本) | トップページ | 春と秋のカエルの王子[第1章](2008年、日本) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30