無料ブログはココログ

« パッション業界就職ナビ | トップページ | ダービースタリオンDS »

クライマーズ・ハイ(2008年、日本)

 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。

監督:原田眞人
出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努
原作:横山秀夫『クライマーズ・ハイ』

あらすじ…1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にジャンボ機が墜落した。北関東新聞社は、組織から孤立した遊軍記者・悠木をこの大事故の全権デスクに任命する。

 この映画では、ブチ切れたり、怒鳴ったり、錯乱したりする頻度が高い。そうなった理由を3つ挙げておきます。

(1)極限状態
 徹夜で仕事をしたり、凄惨な現場を目の当たりにするなど、肉体的・精神的疲労がピークに達して、平常心を失っている。

(2)個性的なキャラ
 北関東新聞社の人たちは、どれもこれもアクが強く性格的にとんがっている。これで衝突がない方がおかしい。

(3)組織無視
 悠木和雅の組織を無視した行動にも原因があります。例えば、大事な広告を潰して事故の記事を埋めたことにより、広告部が怒鳴り込んでくる一幕があります。こういった悠木の行為は、小さなことも含めると数え切れないくらいあります。これでは各方面から反発が出るのは当然です。

クライマーズ・ハイ [Blu-ray] DVD クライマーズ・ハイ [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« パッション業界就職ナビ | トップページ | ダービースタリオンDS »

2000年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/21887524

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズ・ハイ(2008年、日本):

» クライマーズ・ハイ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落事....... [続きを読む]

» 香りある人間。『クライマーズ・ハイ』 [水曜日のシネマ日記]
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。 [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [Akira's VOICE]
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!   [続きを読む]

» 映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞 [多数に埋もれる日記]
新聞記者がみた事故はどういった感じだったのか。 [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [めでぃあみっくす]
世界最大の航空機事故と呼ばれた御巣鷹山の日航機墜落事故を扱うこととなった地方新聞社の記者たちを描いた本作。原作を書かれた横山秀夫先生ご自身も当時の事故を地方記者として取材されたご経験があるそうで、新聞社内の確執や一面に何をもってくるかの駆け引きは面白かっ....... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [唐揚げ大好き!]
  命を追った、あの夏の日。   ■1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。そ... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」 [日々“是”精進!]
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [ラムの大通り]
----ゴールデンウィークも、 もう残りあと2日。 今日の邦画は? 「『クライマーズ・ハイ』。 今年観た日本映画の中では 『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」 ----監督は原田眞人だよね? 「うん。この監督は 他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの手法を駆使して、 彼独自のエンターテイメント世界を生み出す。 と言っても、その昔、 デビュー作『さらば世界の友よインディアンサマー』で 原田監督にインタビューしたときは 『あまりエンターテイメント、エンターテイメントと言わない方がいい... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/93fa959b0f20597027c5670cb44690cc... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [ネタバレ映画館]
連合赤軍も靖国も公開された年における原田眞人監督の総括。 [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [花ごよみ]
監督は原田眞人。 原作の著者、横山秀夫本人が、 記者時代に遭遇した 日航機墜落事故取材の体験をもとに、 書き上げた小説の映画化。 かつてない大惨事の、 全権デスクを命じられた悠木和雅、 堤真一が演じています。 NHKのテレビドラマでは、 佐藤浩市が演じていました。 記憶に残る力強い作品でした。 日航の墜落事故後の新聞報道、 組織を相手にした主人公の心の葛藤、 熱い魂を持った新聞記者達。 新聞社の内幕が かいま見ることができ、 興味深いものがありました。 社内に存在する 各記者達の... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [Sweet*Days**]
監督:原田眞人  CAST:堤真一、堺雅人、山崎努 他 1985年8月、群馬県御巣鷹山に日光ジャンボ機が墜落、未曾有の被害者を出す... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ〜っ!良かったですよぉ〜♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だったのを覚えています。 この前日に私は原付バイクを購入し、この日はそのバイクで初めて仕事に出かけたので記憶に残っています。 夜、帰宅するとTVではどこも全てこのニュースでした。 あれから23年・・・ ... [続きを読む]

» [Review] クライマーズ・ハイ [Diary of Cyber]
【クライマーズ・ハイ】 登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態 作家・横山秀夫氏の小説『クライマーズ・ハイ』の映画化作品。 1985年8月12日 18:56、日本航空123便羽田発大阪行きのジャンボ機が、群馬県の高天原山に墜落。死者520人、負傷者4人の、世界最大規模となる未曾有の航空機事故が発生。この作品は、その事故を追う地方新聞社の視点から見た物語です。 ですが、この作品の主眼、最も伝えたいことは、題名にもなっている『クライマーズ・ハイ』でもなく、題材... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ/堤真一、堺雅人 [カノンな日々]
NHKでドラマ化されたとき見逃しちゃって、DVDをレンタルしようと思っていたら、映画化されてたいたとはチラシを目にするまで知りませんでした。1985年に実際に起きた航空史上最悪の惨事といえる日航機墜落事故を巡って奔走する地元新聞社の人々の姿を描いた社会派ヒューマン....... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」記者魂 [再出発日記]
映画を観た、と言う感じがした。興奮した。監督・脚本:原田眞人原作:横山秀夫脚本:加藤正人、成島出出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努昔、新聞記者になりたかった。理由は本が好きだから、それに関することで食っていきたかったから、という単純なも...... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」試写会 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
神保町、一ツ橋ホールでの開催。 開場ギリギリに行く予定が5分前に到着。 少し並びで待つ。 8割方の入りだった。 予告もあった「ランボー、最後の戦場」「ブラインドネス」「ホットファズ」 「僕の彼女はサイボーグ」 映画は実録もので、例の日航機墜落事件をあつかった地方新聞の記者の物語。 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ。 *** 2005年夏、新聞記者の悠木は、土合駅を降り、 親友と果たせなかった約束の谷川岳に彼の息子と登るために移動する。 時はさかのぼって、... [続きを読む]

» 港カヲル恐るべし [宇宙のめいぐると]
「クライマーズ・ハイ」 [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。横山秀夫原作、原田眞人監督、堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努。2005年日航ジャンボ機墜落20周年でNHKがドラマ化したのを映画化。正直、NHKの方がまだ臨場感あったし、意味のない脚色で余計に散漫になっている。... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [悠雅的生活]
チェック 、 ダブルチェック [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
原田眞人は日本映画史においては、かなり特異な映画作家であると思う。 若くして米国を拠点に評論活動を開始し、やがて「さらば映画の友よ ... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。 昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」 [俺の明日はどっちだ]
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた世界でも類を見ない“航空機史上最悪”だった日航機墜落事故を背景に地元の新聞記者たちの姿を描いた社会派ドラマ。 まず何と言っても事故当時に地元紙の記者として実際に事故の取材をした横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作( ← 残念ながら未読 )だということもあってその臨場感溢れる説得力たっぷりの個々の描写には思わず目を奪われてしまい、そういった意味では、あっという間の2時間25分。 特にかつての東映やくざ映画をふと髣髴させるほど個性的なバイプレイヤーたちの... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [レンタルだけど映画好き]
試写会にて鑑賞 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間 2008年 日本 7月5日公開 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口トモロヲ/堀... [続きを読む]

» 劇場版と、テレビドラマ版の違い●クライマーズ・ハイ [Prism Viewpoints]
新聞は、インテリが作って、ヤクザが売る。 劇場版 『Climbers High』 クライマーズ・ハイ - goo 映画 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜... [続きを読む]

» 『クライマーズ・ハイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫 □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高嶋政宏、マギー、滝藤賢一、皆川猿時、中村育二、野波麻帆、 ■鑑賞日 7月13日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 一部に新人女性記者がいたものの、男臭さと男社会を描いた映画... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ(映画館) [ひるめし。]
命を追った、あの夏。 [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [映画鑑賞★日記・・・]
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。 [続きを読む]

» 【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。 [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ) [RE:ねこのうたたね]
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・ハイ』公式サイト 命を追った、あの夏。 ◆あらすじ 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [毎日キラキラDay☆]
横山秀夫の本が好きで、だいたい全部の本を読んでます。 その横山秀夫原作の『クライマーズ・ハイ』が映画化されたので、さっそく見に行きました クライマーズ・ハイ・・・・登山中に興奮状態が極限にまで達し、恐怖感が麻痺すること。 正直言って、私はあまりいい映画だとは思えなかった。 横山秀夫の本はひとりひとりの登場人物の描写がすごく細かくて、そこに実在する人物のような錯覚すら感じる。だからこそ、読者はいろんな人物に感情移入にしその物語にぐいぐいと引き込まれる。 ある意味、登場人物がそれぞれ主... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [映画、言いたい放題!]
試写会で観ました。 1985年8月12日、 群馬県の地方新聞社・北関東新聞社の遊軍記者で、 翌日の朝刊作りに追われていた悠木和雅は、 19:36分発の電車で谷川岳に向かう予定だった。 目的は過去780人もの死者を出している難所・衝立岩へのアタック。 パートナーは販売局員の... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」 [てんびんthe LIFE]
「クライマーズ・ハイ」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 御巣鷹山の日航機墜落事故をモチーフに描かれた、地方新聞社の内側を描いた社会派ドラマ。 もっともっと事故に対して深く突っ込んだドキュメンタリータッチの作品かと思ったらばそうではなく、その事件を伝えることに必死になる人間たちのドラマでした。 感動作というわけではなく、当時の新聞社の動きがよくわかります。 当時、まだ携帯電話も存在しなく、無線機で情報を収集する姿、また無線機もなく、記者自身が現場から電話がある場所までいって電話で状況を伝えるこ... [続きを読む]

» クライマーズ・ハイ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見守る...... [続きを読む]

» 「クライマーズ・ハイ」 [みんなシネマいいのに!]
 御巣鷹山日航機墜落事故は、夜のテレビ番組が急遽変更になり、坂本九ちゃんが死亡し [続きを読む]

« パッション業界就職ナビ | トップページ | ダービースタリオンDS »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30