無料ブログはココログ

« 新築一戸建てのメリット | トップページ | ミッキー大槻『なんでも評点 世界のありえな~い100選』宙出版 »

皇帝ペンギン(2005年、フランス)

 この映画(吹替版)は、ギャオで観ました。

監督:リュック・ジャケ
音楽:エミリー・シモン
声の出演:石田ひかり、大沢たかお、神木隆之介
原題:LA MARCHE DE L'EMPEREUR
備考:ドキュメンタリー

あらすじ…南極。皇帝ペンギンの子育てを追う。

 効果音が印象的です。歩く音とか氷がきしむ音とか、実際に聞こえる以上の音量になっているようです。これも演出の一つなのでしょう。
 そういえば美術館の現代アートのコーナーでこういう音の演出があったのを思い出しました。だとするとこの映画は現代アートなんじゃないかと思えてきます。

皇帝ペンギン

皇帝ペンギン 皇帝ペンギン

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 新築一戸建てのメリット | トップページ | ミッキー大槻『なんでも評点 世界のありえな~い100選』宙出版 »

2000年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/21607907

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ペンギン(2005年、フランス):

» 皇帝ペンギン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「皇帝ペンギン」は、mちゃんのご紹介で観させていただきましたぁ〜♪  2005年アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞受賞作品で、結構評判も良かったように記憶していたのですが、動物モノのドキュメンタリーなんて環境ビデオみたいで眠くなっちゃうんじゃないか...... [続きを読む]

» 映画を観た〜皇帝ペンギン〜☆☆☆☆★ [垂直落下式どうでもいい話]
レンタルで『皇帝ペンギン』を観ました。 生命を繋ぐ物語 読んで字のごとく“皇帝ペンギン”にスポットを当てたドキュメンタリー映画。 −40℃の南極で生きる皇帝ペンギンを、監督であるリュック・ジャケ他、仲間3人で8880時間をかけて撮影した大作ドキュメンタリーです。 前から観たかった作品でしたが、なかなか機会がなく今回に至った訳です。 さて、感想ですが、、、 時間を掛けて撮影してるだけあって、映像は非常に美しく神秘的です。 ペンギン達の様子も結構近くによって撮影してますね(笑)... [続きを読む]

» 皇帝ペンギン [小部屋日記]
La Marche de l'empereur(2005/フランス) 監督:リュック・ジャケ ナレーション:ロマーヌ・ボーランジェ/シャルル・ベルリング/ジュール・シトリュク 生命を継ぐ物語。 フランス・ディズニー製作の動物ドキュメンタリー。 旧ブログからのお引越記事です。今週公開のドキュメンタリー「アース」の前に観るのもいいかも。 音楽はエミリー・シモンという方で、透明感を感じさせる子供のような柔らかい声が素敵。フランスの公式サイトで聴けます。 Wikipediaで調べてみたら、1昨年のア... [続きを読む]

» 「皇帝ペンギン」 [the borderland ]
野生動物ドキメンタリーは好きなんだけど、「WATARIDORI」、「ディープ・ブルー」ともに途中で心地よく寝てしまいました。今作もそんな不安を抱きながら、鑑賞したんだけど、映像だけでなく、冷房効きすぎで寒かったので寝れる状態じゃなかったよ(^^; それと賛否あるだろう、あのナレーション。次は何言い出すか興味深々で起きてられました。 字幕版で良かった。多分吹替ならアホらしくて見る気失せてたと思う。 ペンギンの生態にも詳しい人たちが考えたんだから、あながち間違ったことは言ってなんだろう。ただ、ペ... [続きを読む]

» 皇帝ペンギン [映画三昧、活字中毒]
■ WOWOWにて鑑賞皇帝ペンギン/LA MARCHE DE L'EMPEREUR 2005年/フランス/86分 監督: リュック・ジャケ 声の出演: ロマーヌ・ボーランジェ/シャ... [続きを読む]

» 皇帝ペンギン [キューピーヘアーのたらたら日記]
雪と氷の造形が涼やかで美しい。 それぞれの映像が神秘的! 真昼に太陽と月が出会う冬の初め、 皇帝ペンギンたちは民族の大移動を始める。 それはそれは長い行列。 目的地のオアモック(コロニー)まで20日間の道のり。 なんか、珊瑚の産卵みたいに、 毎年同じ日に、いっせいに歩き始める。 人間にはわからない何かがあるんだね。 そして、目的地に着くとパートナー探し。 オスのほうがメスより少なく、 メス同士で喧嘩に、、、。 僕にも覚えがあります。(ウソ) そして愛をはぐくむ。 人... [続きを読む]

» 『皇帝ペンギン』(吹替版) [京の昼寝〜♪]
南極の大自然で生きる皇帝ペンギンの奇跡のドラマあたりまえの愛情と優しさが、心に満ちてくる ■監督・脚本 リュック・ジャケ■キャスト 吹替版:大沢たかお、石田ひかり、神木隆之介        字幕版ロマーヌ・ボーランジェ、シャルル・ベルリング、ジュール・シトリュック□オフィシャルHP  http://www.gaga.ne.jp/emperor-penguin/ マイナス40℃の南極に冬がやってくる3月、多くの生き物たちが暖かさを求めて北へ移動する中、逆に南へと旅を始めるものたちがいた。... [続きを読む]

» 皇帝ペンギン [<花>の本と映画の感想]
皇帝ペンギン 監督 リュック・ジャケ 声の出演 ロマーヌ・ボーランジェ 、シャルル・ベルリング 、ジュール・シトリュク 2005年 フランス 同じ日、同じ時間、同じ場所を目指して歩き始めるペンギンたち。愛をはぐくみ、子育てをするために、生まれ故郷オアモッ... [続きを読む]

» 皇帝ペンギン [まてぃの徒然映画+雑記]
水族館で一番好きな生き物といったら、、、ペンギン!あのよちよち歩きといい、水中を気持ちよさそうに泳ぐ姿といい、ずっと見てても飽きません。昔30分くらいずーーーっと見てた思い出もあります。で、「皇帝ペンギン」一番愛らしいのは、やっぱり子ペンギン!親の足元...... [続きを読む]

» 映画『皇帝ペンギン』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:La Marche de L'Empereur 皇帝ペンギンといえば、ディープ・ブルー にも登場し、それが見所のひとつだったが、ここではまさしくその皇帝ペンギンに焦点が当てられている。 ディープ・ブルーほどの衝撃はないが、生命の神秘さと愛情に溢れ、これもまた素晴らしい作... [続きを読む]

« 新築一戸建てのメリット | トップページ | ミッキー大槻『なんでも評点 世界のありえな~い100選』宙出版 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31