無料ブログはココログ

« ハーツリンク、映像コンテンツバンク『Biz-R.net』とアジア最大級の短編映画祭『SSFF & ASIA 2008』のコラボレーション企画として携帯サイトを活用した次世代トークイベントを開催 | トップページ | シャカシャカチキン スパイシーガーリック »

Bahashishiライブ「カレイドスコープ」(後編)

 前編はこちら

 ライブは予定の19時より15分遅れて開始致しました。
 Bahashishiメンバーの配置は以下の通り。
Bahashishi配置図
 後列では客席から向かって左側からベースのジャリ、ドラムのハヂメ、パーカッションのミッチャン、前列ではキーボードのアスカ、ボーカルのユラリ、ギターのコーイチ。
 ボーカルのユラリの服装は白と紫の布地を重ねたスカートの下に金色のズボンをはき、エスニックな感じのネックレスを首にかけていました。
 又、マイクのスタンドは木の枝(あるいは蔓?)を絡ませ、上部には花(多分造花でしょう)が付いていました。もしもこの花の代わりにブドウが付いていたとしたら、このマイクスタンドは酒神ディオニュソス(ローマ名:バッカス)の杖テュルソスとなり、これを手に取り歌うのは酒神の巫女マイナデス(狂乱せる女)となっていたことでしょう…などと想像しました。
 このような想像をもよおしてしまうほど、ボーカルの女性の歌いっぷりはどこかシャーマニスティック(巫覡的)でした。何しろ、間奏では茶色の長髪を振り乱して踊り、時には天を仰いで恍惚とした表情を浮かべていたくらいですから。

 最後に一つ。
 アンコールでは2曲歌ってくれたのですが、それを含めてライブが終わったのが8時45分頃。ライブの時間は正味1時間半でした。

Bahashishiチケット

« ハーツリンク、映像コンテンツバンク『Biz-R.net』とアジア最大級の短編映画祭『SSFF & ASIA 2008』のコラボレーション企画として携帯サイトを活用した次世代トークイベントを開催 | トップページ | シャカシャカチキン スパイシーガーリック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bahashishiライブ「カレイドスコープ」(後編):

« ハーツリンク、映像コンテンツバンク『Biz-R.net』とアジア最大級の短編映画祭『SSFF & ASIA 2008』のコラボレーション企画として携帯サイトを活用した次世代トークイベントを開催 | トップページ | シャカシャカチキン スパイシーガーリック »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31