無料ブログはココログ

« 『三国志合戦データファイル』 | トップページ | もし別荘を持てるなら、どんな風に使いたいですか? »

はまり役だと感じた映画のキャスティング

 私は映画好きで、このブログで映画批評の記事を投稿しているほどです。
 それで今日、1963年公開の歴史劇「クレオパトラ」をDVDで観たのですが、セットや衣装がとにかく豪華でエキストラも多い、実に贅沢な映画でした。
 その映画の中で、キャスティングでは主演のエリザベス・テイラーがはまり役だと感じました。
 もちろん若き日のエリザベス・テイラーが放つ妖艶な魅力もさることながら(クレオパトラの入浴シーンでは彼女のボディーラインに目を奪われました)、クレオパトラもエリザベス・テイラーも「恋多き女」という点では共通するからです。

« 『三国志合戦データファイル』 | トップページ | もし別荘を持てるなら、どんな風に使いたいですか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はまり役だと感じた映画のキャスティング:

« 『三国志合戦データファイル』 | トップページ | もし別荘を持てるなら、どんな風に使いたいですか? »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29