無料ブログはココログ

« Clench & Blistah オフィシャルBlog「ほっとけないよ!」 | トップページ | 温泉コンシェルジュを利用する利点 »

私の中の悪魔と天使(2006年、日本)

http://www.azumix.jp/

監督:浦本正純
出演:岡麻子

あらすじ…死のうと思った電車の中で、みぞれはもう一人の自分ミゾレと対面する。

 心理学的に見れば、ここに出てくる「もう一人の自分」というのはシャドー(影)のことだと解釈することができます。
 シャドーの特徴の一つに、「当人とは正反対の性格を持っている」というものがあり、その点ではこれに合致している。というのは、主人公は悲しげでもう一人の自分は明るく振舞っていたのですから。
 又、「二人の自分が一つになる」というのは、『ゲド戦記』「影との戦い」を想起させます。

 尚、参考までにシャドーを扱った(と私が解釈した)他作品の記事を紹介しておきます。

« Clench & Blistah オフィシャルBlog「ほっとけないよ!」 | トップページ | 温泉コンシェルジュを利用する利点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/10174439

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中の悪魔と天使(2006年、日本):

« Clench & Blistah オフィシャルBlog「ほっとけないよ!」 | トップページ | 温泉コンシェルジュを利用する利点 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31