無料ブログはココログ

« ホテルMatch | トップページ | dynabook Satellite WXW体験 »

母べえ(2007年、日本)

 この映画は、試写会で観ました。

監督:山田洋次
主演:吉永小百合
出演:浅野忠信、檀れい、志田未来、佐藤未来、坂東三津五郎
原作:野上照代『母べえ』(中央公論新社)

あらすじ…昭和15年の東京。父と母、娘の初子と照美の野上家は、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と愛称で呼び合う仲睦まじい家族だ。小さな家庭の穏やかな日常は、文学者である父・滋が治安維持法で検挙された朝から一変する。戦争に反対することが、国を批判するとして罪になる時代だった。(チラシの紹介文より引用)

 「母べえ」の試写会は有楽町で観たのですが、混雑していました。又、山田洋次監督&吉永小百合主演ということもあってでしょうか、観客の年齢層は高めでした。

 この映画は母べえの死を以って終わるのですが、そのシーンで観客たちの鼻をすする音が聞こえてきました。
 これは――。
 どこかで同じシチュエーションに出くわしたことがあると思いました。そこでよくよく思い返してみると、「Life 天国で君に逢えたら」の試写会も似たような反応であったということを思い出しました(「Life 天国で君に逢えたら」の方は比較的若い観客が多かったのですが)。
 そういえば、「母べえ」と「Life 天国で君に逢えたら」には作品の内容においても、共通点が幾つかあります。

(1)家族愛がテーマになっている。
(2)主人公の家族の手記を映画化したもの。
(3)主人公の死を以って映画が終わる。

 他にも細かい点をほじくり返してゆけば色々と出てくるでしょうが、共通点探しはこれくらいにしておきます。

 さて、肝心の映画の内容ですが、あらすじだけを追っていくと暗い話だと思われがちですが、小ネタが随所に盛り込まれていて笑えるシーンが幾つも出てきます。この笑えるシーンの登場によって、観ている方はすこしホッとすることができます。

« ホテルMatch | トップページ | dynabook Satellite WXW体験 »

2000年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/9505134

この記事へのトラックバック一覧です: 母べえ(2007年、日本):

» 母べえ [CINEMAチラシーズ]
<チラシ> [続きを読む]

» 『母べえ』舞台挨拶付き完成披露試写会@丸の内ピカデリー1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
速報の通り、巨匠・山田洋次監督と握手した(笑)映画監督としては、故・深作欣司、三谷幸喜、行定勲に続いて4人目。\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ昨日11日に、1/26に公開される吉永小百合主演『母べえ』の完成披露試写会へ行ってきた。18:45開場・19...... [続きを読む]

» 母べえ [あーうぃ だにぇっと]
監督:山田洋次 出演:吉永小百合/浅野忠信/檀れい/志田未来/佐藤未来 /笹野高史/でんでん/神戸浩/近藤公園/茅島成美 /中村梅之助/松田洋治/赤塚真人/吹越満/左時枝 /鈴木瑞穂/戸田恵子/大滝秀治/笑福亭鶴瓶/坂東三津五郎 他 【ストーリー】 世界情勢が緊張を帯びてきた昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎)が、反戦を唱えたとして逮捕されてしまう。悲しみにくれる母・佳代(吉永小百合)と2人の娘(志田未来、佐藤未来)だったが、父の教え子や親類、近所の人たちに支え...... [続きを読む]

» 『母べえ』 [ラムの大通り]
----これって最近、よく聞くタイトル。 お母さんの話だろうということは想像つくけど、 この“べえ”というのは一体ニャによ。 「じゃあ、順番に分かりやすく説明しよう。 この映画は、黒澤明監督のスクリプターとして知られる野上照代が、 幼い頃の家族の想い出を綴ったノンフィクションが原作。 彼女の父であるドイツ文学者の滋(坂東三津五郎)は、 家族全員に“べえ”をつけて呼ぶようにしていたんだ。 自分は“父べえ(とうべえ)” 母親・佳代(吉永小百合)は“母べえ(かあべえ)”。 長女・初子は“初べえ(はつべえ)... [続きを読む]

» 松竹モニター試写会鑑賞 東劇にて 〜 山田 洋次 「 母べえ 」 [** Paradise Garage **]
明けまして、おめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 良く晴れた元旦、火曜日です。 今日は、昨年の9月13日(木)に東劇にて行なわれた松竹モニター試写会で観させて頂いた、山田洋次氏の新作映画について。 『 母べえ 』 ( ‘07年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 山田 洋次 原作 : 野上 照代 『 母べえ 』 ( 単行本 ‘07年12月発売 (株)中央公論新社 ) 脚本 : 山田 洋次,平松 恵美子 撮影 : 長沼 六男 ( JSC ) 照明 : 中須 岳士 ( JSL... [続きを読む]

» 母べえ [気ままなドラマ寸評]
取り合えず「母べえ」は、映画館で観ようかなと 思っている。「私は貝になりたい」 [続きを読む]

» 年相応に…(映画/試写会:母べえ) [美味!な日々]
山田洋次監督、吉永小百合主演で話題の映画『母べえ』を我が母が「見たい見たい」と騒いでいたので、応募しまくって当たった試写会に母を伴って行ってきました。 [続きを読む]

» 「母べえ」 [てんびんthe LIFE]
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 最近の小百合さまのインタビューで「女優に年齢はない」という言葉に納得。 まあ、その前にそういったことは感じていたのですが、やっぱり画面を見ると小百合さまは熟女ではなくて女優です。 とにかく美しい小百合さま。 山田洋次監督は泣かせのツボをも... [続きを読む]

» 「母べえ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「母べえ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶、中村梅之助、坂東三津五郎、他 *監督:山田洋次 *原作:野上照代 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログ..... [続きを読む]

» 母べえ [気ままなドラマ寸評]
取り合えず「母べえ」は、映画館で観ようかなと 思っている。「私は貝になりたい」 [続きを読む]

» 「母べえ」:有明テニスの森バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}なに、ソワソワしてるの? {/kaeru_en4/}いや、吉永小百合って、テニスとか乗馬が趣味らしいから、ひょっとして有明あたりにいたりしないかなあと思って。 {/hiyo_en2/}いるわけないでしょ。 {/kaeru_en4/}でも、俺がいると知れば、来てくれるかもしれないぜ。 {/hiyo_en2/}なに、考えてるの。親しくもなんともないのに。 {/kaeru_en4/}そんなことはない。この正月なんて、彼女から俺のところにじきじきに年賀状がきたくらいの仲だ。 {/h... [続きを読む]

» 「母べえ」を観る [紫@試写会マニア]
流石、山田洋次監督作品。映像が美しく、無駄がない。独特の清々しくも品のある、吉永小百合・主演「母べえ」を観てきました。 参加した試写会はいつものそれと違って、平均年齢がかなり高い感じ。正直なんで呼ばれたかちょっと不思議な(!!)感じもするくらい。上映中の空気も以前「鉄道員(ぽっぽや)」を見た時に感じた雰囲気と同じでした。 同じといえば、邦画作品で主役に品位やけれん味のない演技を求める時、俳優=高倉健さん、女優=吉永小百合さん、って方程式が成り立って久しい。いい加減に後続の、いや追い抜く位の俳... [続きを読む]

» 母べえ [とりあえず、コメントです]
野上照代氏の原作を映画化した作品です。 太平洋戦争の東京で必死に生きた一人の女性の姿が描かれていました。 昭和15年。ドイツ文学者で本の執筆をしている父べえ(坂東三津五郎)は今日もがっかりしていた。 出版しようとした著書が検閲により発禁になってしまったのだ。 父べえはかなり言葉を押さえたと思っていたのだが、検閲はそれをも許さなかった。 しばらくして、突然、夜中に警察がやって来て父べえを逮捕していってしまう。 罪状は治安維持法違反。父べえの思想が違反と判断されてしまったのだ。 母べえ(吉永小百合... [続きを読む]

» 母べえ 野上照代 [粋な提案]
装幀は丸尾靖子。装画は上路ナオ子。本文イラストは野上照代。第5回女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞受賞の「父へのレクイエム」を映画化で改題。冒頭に監督山田洋次さん、結尾に主演吉永小百合さんの文章を収録。 ... [続きを読む]

» 「母べえ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・松竹/監督:山田 洋次) 黒澤明監督のスクリプターを長く務めた野上照代さんの自伝ノンフィクション「父へのレクイエム」を元に、戦前・戦中・戦後を生きた家族の物語を、日本... [続きを読む]

» 母べえ (2007) 132分 [極私的映画論+α]
浅野さんの3変化(爆) [続きを読む]

» 母べえ [ネタバレ映画館]
君は母べえを見たか? [続きを読む]

» 映画 【母べえ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「母べえ」 黒澤明作品の常連スタッフで知られる野上照代の自伝的小説「父へのレクイエム」を山田洋次監督が映画化。 おはなし:昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎)が反戦を唱えたとして逮捕されてしまう。悲しみにくれる母・佳代(吉永小百合)と2人の娘(志田未来、佐藤未来)だったが、父の教え子や親類、近所の人たちに支えられ、明るく力強く生きていこうとする。 『ALWAYS 三丁目の夕日』には自分が経験した懐かしさがあったのですが、昭和15年といえばさすがの私も懐かしさを感じること... [続きを読む]

» ★「母べえ」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人も、超若く見えるOVER60・・・... [続きを読む]

» 母べえ 08013 [猫姫じゃ]
母べえ 2008年   山田洋次 監督  野上照代 原作吉永小百合 浅野忠信 檀れい 志田未来 佐藤未来 坂東三津五郎 笑福亭鶴瓶 中村梅之助 ATOK 偉い! つるべ、一発変換ですね。 婆べえ、とか言う陰口も聞こえますが、なんのなんの、吉永小百合さん、お若い...... [続きを読む]

« ホテルMatch | トップページ | dynabook Satellite WXW体験 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31