無料ブログはココログ

« 夕立が来る頃(2006年、日本) | トップページ | 跳ねる魚の謎(1916年、アメリカ) »

ひまわりと麻里(2001年、日本)

 このショートフィルムは、アベルケインフィルムズで観ました。
http://www.abelcanefilms.com/movie/himawari.html

監督:徳丸哲也
編集:西本紘三
出演:徳丸家の人々

あらすじ…入院したら、美しい少女・麻里がいた。

 子供・老人・軍人などの写真が出てくるのですが、「出演:徳丸家の人々」とあるので、監督が自分の家族の写真を使ったということですか。
 家族の人たちはどう思うんでしょうなあ。私のような全くの見ず知らずの人間の目にさらされて、しかもこの記事に取り上げられているように好き勝手なことを書かれる。…私だったら「恥ずかしいからやめてくれ」と言うかもしれません。

 ちなみに、作品の内容としては、ちょっとしたホラーになっているんじゃないでしょうか。犯罪の匂いがプンプンしますが、短い時間の中ではそこまで描いていない。描いていないうちに唐突に終わっています。尻切れトンボの感がありますが、まあそれもいいでしょう。

« 夕立が来る頃(2006年、日本) | トップページ | 跳ねる魚の謎(1916年、アメリカ) »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/8526994

この記事へのトラックバック一覧です: ひまわりと麻里(2001年、日本):

« 夕立が来る頃(2006年、日本) | トップページ | 跳ねる魚の謎(1916年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31