無料ブログはココログ

« CS(顧客満足)からES(従業員満足)へ!業績をあげるES向上型人事制度構築のためのセミナーを開催 | トップページ | 050あんしんナンバー »

空飛ぶ円盤と僕の友達(2007年、アルゼンチン)

 このショートムービーは東京ビデオフェスティバルで観ました。
http://tvf2008.jp/movie2/vote2007.php?itemid=162

製作:Tetsuo Lumiere
原題:The Flying Saucer and My Friends
備考:東京ビデオフェスティバル2007優秀作品賞

あらすじ…アルゼンチンの青年・テツオには夢があった。それは、UFOがブエノスアイレスを攻撃するSF映画を撮ることだった。

 はっきり言って、夢を追い続ける青年の転落物語なのですが、BGMがコミカルなのと、時折サイレント映画のコントみたいなのが挿入されるのとで悲惨さが打ち消されています。デカダンス(頽廃)…といえばそうなのかもしれませんなあ。
 ともかくも、サイレント映画の手法を現代の映画製作に使うとどうなるかがわかる作品だと思います。

 ちなみに、テツオ青年のように自主制作で、しかもUFOが襲来するSFモノの作品が日本にあります。このブログでも紹介した「人類最終決戦」というのがそれです。

« CS(顧客満足)からES(従業員満足)へ!業績をあげるES向上型人事制度構築のためのセミナーを開催 | トップページ | 050あんしんナンバー »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/8582827

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ円盤と僕の友達(2007年、アルゼンチン):

« CS(顧客満足)からES(従業員満足)へ!業績をあげるES向上型人事制度構築のためのセミナーを開催 | トップページ | 050あんしんナンバー »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31