無料ブログはココログ

« 300<スリーハンドレッド>(2007年、アメリカ) | トップページ | 大人のニキビをケアする「アクネバリア」 »

逃走遊戯(1995年、日米)

主演:ラッセル・クロウ、豊川悦司、ヘレン・スレイター
監督:フランク・カペラ
原題:NO WAY BACK

あらすじ…マフィアの首領のボスが殺された。FBI捜査官ザックは容疑者としてヤクザのボス・ユウジを逮捕するが、自らの手で報復を望むマフィアの首領はザックの息子を誘拐してユウジの引渡しを要求する。ロスへ飛行機で護送されるユウジは、自分がマフィアへ売られることに気づき、ジャンボ機を不時着させ逃走するが……。(パッケージの紹介文より引用)

 この映画は、中古のVHSビデオテープ(レンタル用)を買って観たのですが、冒頭の新作映画の紹介ではどれもヤクザもののセックス&バイオレンスばっかりで、目のやり場にちょっと困りました。

 パッケージのコピーには、「豊川悦司、鮮烈のハリウッドデビュー!」とありますが、その後の動静は…ちょっと聞きませんな。この映画自体、正直言ってあまり面白くないので、コケちゃってその後が続かないんだなと推察します。

 では、どこがつまらないのか? 幾つか挙げてみます。
 まず、この映画は一応アクション映画なのですが、それにしてはアクションがショボい。カーチェイスはあるものの、建物爆破はないし銃撃戦も少人数で物足りない。
 又、ザックは息子を誘拐されたことを知り、ユウジをマフィアに引き渡すことにするのですが、それによって生じる苦悩の描写が浅い。さすがはアメリカンヒーローだ。
 それから、スッチーの姉ちゃん。首を突っ込みすぎて最後にはとうとう人を殺しています。単に行きがかりで一緒になっただけなのに、そこまでするのか?と思ってしまいます。
 ちなみに、ユウジは最後の銃撃戦で何発も弾を食らっているのですが、ラストのザック父子の会話では、どうやら生きているようです。
 ええっ!? あれだけ食らってまだ生きてるの!?
 まあ、アクション映画の主役クラスは、なかなか弾に当たらないし、当たってもなかなか死なない(その代わり、端役はすぐ弾に当たるし、当たったらすぐ死ぬ)。そういうお約束だということで、一応納得しておくことにしましょう。

 最後に、良かった点について。
 ユウジは逃げようとし、ザックは逃がすまいとする。そこにマフィアとFBIが絡んでくるのですが、その辺の駆け引きが見所の一つだと思います。

逃走遊戯 NO WAY BACK DVD 逃走遊戯 NO WAY BACK

販売元:東映
発売日:2004/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 300<スリーハンドレッド>(2007年、アメリカ) | トップページ | 大人のニキビをケアする「アクネバリア」 »

1990年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/6616139

この記事へのトラックバック一覧です: 逃走遊戯(1995年、日米):

« 300<スリーハンドレッド>(2007年、アメリカ) | トップページ | 大人のニキビをケアする「アクネバリア」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31