無料ブログはココログ

眠狂四郎勝負(1964年、日本)

監督:三隅研次
出演:市川雷蔵、藤村志保、高田美和、久保菜保子、加藤嘉、須賀不二男
原作:柴田錬三郎
備考:時代劇

あらすじ…眠狂四郎はひょんなことから知り合った老人が勘定奉行・朝比奈伊織で、しかも命を狙われていると知って彼の護衛を(勝手に)するようになる。一方、伊織に高額の化粧料(小遣い)を廃止されて激怒した高姫と、その用人の白鳥主膳は刺客を集めていた。

「眠狂四郎勝負」人物関係図

 眠狂四郎と道場破りとの対決で狂四郎は不敵な笑みを漏らします。恥ずかしながら私は初見では見落としてしまい、道場破りの指摘を聞いて見直し、ようやく気付いた次第。それくらい小さなものでした。
 ちなみにこの笑みは、クライマックスでの海老名良範との対決でも見せています(こちらも二度見した時に気付いた)。お見逃しなく!

 それから、高姫の足の間から槍が突き出る、というのは性交のメタファー(暗喩)ですな。つまりはこの時点で高姫は狂四郎に象徴的な意味で犯されたということなのでしょう。
 又、狂四郎が采女(藤村志保)の腕をねじり上げた時の采女が実にエロい。足先を伸ばし、上体をのけぞらせてあえいでいます。このシーンも性的な色彩が強い。

 最後に、采女の部屋にあった掛軸について。
 掛軸には鐘とそれにからみつく赤い龍のようなものが描かれていますが、あれは道成寺縁起の清姫です。僧・安珍に恋をした清姫は逃げる安珍を追いかけ、とうとう大蛇になり、鐘の中に隠れた安珍を焼き殺してしまいます。あの絵はまさにその場面を描いたもので、女性の男性に対する強い想い(それはもう、愛する男を殺すほど強烈に!)を表現しています。
 そもそも采女は囚われの夫を救出するために立ち働いており、してみると采女はこの掛軸を掲げることで夫への強い想いを表わしているのでしょう。

【道成寺縁起関連記事】
市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”
謡曲「道成寺」

【関連記事】
市川雷蔵(目次)

燃えよ剣(1966年、日本)

監督:市村恭一
出演:栗塚旭、和崎俊哉、石倉英彦、内田良平、天津敏
原作:司馬遼太郎『燃えよ剣』
備考:時代劇

あらすじ…土方歳三は祭りの夜に宮司の娘・佐絵と通じる。その後、佐絵のもとに行った帰りに、佐絵を警護していた六車宗伯と斬り合い、これを殺す。

「燃えよ剣」人物関係図

 新選組を主題にした映画をレビューするのはこれが初めて。尚、原作小説は未読でドラマシリーズも未見です。

 さて、この映画は土方歳三を主人公に据え、多摩時代から新選組の結成、そして池田屋事件までを描いています。1時間半の尺ならばこれくらいでいいのかもしれませんが、それにしても「戦艦ポチョムキン」と同様、(主人公たちにとって)いいところで終わっていますな。

 それから、栗塚旭(土方歳三)のセリフの棒読み具合が目につきました。序盤で土方が近藤勇に「あんたを大名にする」云々と述べるくだりなどは特にひどい。もっと時間をかけて丁寧に演技指導をしていれば、もう少し何とかなったかもしれません。
 一方、殺陣(たて)についても少々。土方歳三は相手のすねを斬るという剣法を使っています。それはそれで面白いのですが、すねを斬った時に傷口を一瞬見せるという演出があってもよかったかな。

サムライ(1967年、仏伊)

監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
出演:アラン・ドロン、フランソワ・ペリエ、ナタリー・ドロン、カティ・ロシェ
原題:Le Samouraï
原作:アゴアン・マクレオ
備考:フレンチ・フィルム・ノワール

あらすじ…寡黙な殺し屋ジェフ・コステロは娼婦のジャーヌにアリバイ証言を頼み、仕事(暗殺)を実行する。だが、歌手のヴァレリーに顔を見られてしまう。

 まずは「サムライ」について。
 そもそも侍に殺し屋なんていたかなと思いましたが、時代劇にいました。「子連れ狼」の拝一刀や「必殺仕事人」の中村主水などです。
 
 次に、主人公について。
 ジェフ・コステロは実に寡黙で、必要最低限のことしかしゃべらない。まるで無駄なものは全て削ぎ落としてきたかのようです。
 そういえば彼の部屋も恐ろしく殺風景で寒々しい。おそらくこの部屋も彼のキャラを表現しているのでしょう。
 尚、唯一の例外ともいうべきものは彼が飼育している小鳥ですが、これとて異変を探知する装置として置いていた可能性があります。鉱山のカナリヤみたいなものですね。

アラン・ドロン

【関連記事】
ボルサリーノ

十兵衛暗殺剣(1964年、日本)

監督:倉田準二
出演:近衛十四郎、大友柳太朗、河原崎長一郎、宗方奈美
原作:紙屋五平
備考:時代劇、モノクロ

あらすじ…幕屋大休という浪人が江戸で「新陰流正統」の看板を掲げた剣術道場を開き、徳川家光に自らの正統性を直訴。更には柳生新陰流の道場へも挑発行為を仕掛ける。柳生新陰流の門弟たちは怒って大休を暗殺しようとするものの返り討ちに遭い、しかも道場を襲撃されてしまう。大休は自分の門弟たちと共に琵琶湖の竹生島へ逃れ、柳生十兵衛が選りすぐりの10人を引き連れてそれを追う。

「十兵衛暗殺剣」人物関係図

 幕屋大休は自分こそが新陰流の正統だと主張して、印可状という「証拠書類」を提示しています。しかしながら、もし仮に幕屋大休が新陰流の正統だと公的に認められたとしても、柳生新陰流の開祖・柳生石舟斎は上泉伊勢守の正統な弟子なのだから柳生新陰流だって立派な新陰流の正統ではある。しかも柳生新陰流は将軍家指南役でもあるため、権威も知名度も高い。
 それにそもそも、自らの正統性を主張するのは剣術の流派に限ったことではなく、例えば宗教団体や政治団体にも見られます。そういえば昔、熊沢天皇なるものもいましたっけ。

 さて、話を映画に戻すと、幕屋大休もさすがに印可状だけでは将軍家指南役になれないとわかっていたらしく、柳生十兵衛との試合を要求します。当代随一の剣豪である柳生十兵衛に勝つことで自分が最強だと示したかったのでしょう。
 しかしその要求は拒絶され、松平伊豆守からは狂人扱いされる始末。いわゆる門前払いです。この時点での幕屋大休は全く無名の存在であり、有力なバックが付いているわけでもないから、まあ普通にそうなるのも当然ですわな。
 それから、物語の後半で幕屋一味は琵琶湖の湖賊と手を組んで十兵衛一行を迎え撃つことにします。おいおい、そんな犯罪集団と結託したら、お前らだって賊の一味と見なされて討伐の対象となってしまうぞ。

 最後に、武器破壊について。
 幕屋大休は小太刀を振るって敵の刀を折るという技を使います。なるほど、これが成功すれば相手の戦力を大きく殺ぐことができますな。
 これに対して柳生十兵衛はどんな手を打つのか? それについてはクライマックスのネタバレになるので伏せておきますが、あの不利な状況下でよくやったものだと唸ってしまいました。

【関連記事】
柳生一族の陰謀

デトロイト:活動中の都市(1965年、アメリカ)

 このドキュメンタリーは、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/T-C8DwL2ovQ

監督:ジェームズ・T・スレイデン
出演:ジェローム・P・カヴァナー(デトロイト市長)
原題:Detroit: City on the Move
備考:ドキュメンタリー

あらすじ…デトロイト市長がデトロイトの魅力を紹介してくれるよ!

 デトロイトはアメリカのミシガン州にある都市で、この頃までは自動車産業で栄えていました。ところが、この後は…ぶっちゃけて言うと没落です。
 後世に生きる我々は、この作品をデトロイトが元気だった頃の最後の輝きとして見るといいかもしれません。

ドニー・Bが死んだ日(1969年、アメリカ)

 このショートフィルムは、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/A_DQitlyVRU

監督:カール・フィック
原題:A Day in the Death of Donny B.
備考:ドラマ

あらすじ…ニューヨークに住むヘロイン中毒の黒人青年ドニー・Bが死んだ。証言者たちは語る。

 ドキュメンタリータッチでドニー・Bなる人物が描かれます。彼はヘロインでヘロヘロになりながら、ひったくりなどをやったりしており、ロクなもんじゃない。救いが全くないですな。
 気だるい歌をBGMに聴きながら、最底辺の生活を送る彼の姿を見るというのは、正直言って気持ちのいいものじゃないです。でも、こういうどうしようもない小悪党っていますからね。反面教師として取り上げる価値はあると思います。
 それにしても、そんな奴がこうして映像作品の主人公になるというのは、大した出世ではある。

好色一代男(1961年、日本)

監督:増村保造
出演:市川雷蔵、若尾文子、中村玉緒、船越英二
原作:井原西鶴『好色一代男』
備考:時代劇

あらすじ…京の両替商・但馬屋の一人息子・世之助は放蕩三昧でついに勘当される。

 中村玉緒が登場するのは中盤になってから。若尾文子に至っては終盤になってようやく出てきます。それ以外にも様々な女が世之助の前に現われます。いやあ、実に目まぐるしい。

 ところで、主人公の世之助は日本中の女を喜ばせたいと言い放ち、数多くの女と関係を持ちます。映画の中で語られる彼の思想は正直言って凄いとは思いますが、彼の行動を真似したいとも見習いたいとも思わない。まあ、女性讃美のくだりは共感できなくはないですが。
 とはいえ、例えば口説いていた女が死んで悲しむのはいいとして、そこへ別の美女がやってきたら即座に表情を変えてそっちを口説こうとするのはいただけない。何らかの精神障害を疑うレベルです。
 尚、よい子のみんなは世之助をマネちゃいけませんよ。金や精液がいくらあっても足りなくなりますからね。

 それにしても、世之助を演じる市川雷蔵は、この映画ではコメディをやっています。硬派な役もうまいが、こうした軟派な役もなかなか味わいがありますな。

【関連記事】
市川雷蔵(目次)

三匹の侍(1964年、日本)

監督:五社英雄
出演:丹波哲郎、長門勇、平幹二朗、桑野みゆき、香山美子
備考:時代劇

あらすじ…浪人の柴左近は旅の途中、3人の農民が代官の娘・亜矢を水車小屋に監禁しているのにでくわす。話を聞いてみると、代官の松下宇左衛門が重税を課しているので、彼の娘を捕えて年貢の減免を強訴するのだという。

「三匹の侍」人物関係図

 テレビドラマ版の「三匹の侍」は未見。とはいえ、この映画では3人(柴左近、桜京十郎、
桔梗鋭之介)のファースト・コンタクトを描いているので、ドラマを観ていなくても(多分)大丈夫です。

 さて、この作品を観ていて感じたのは、殺陣(たて)が多いということです。クライマックスでは3人揃っての殺陣があるのはもちろんのこと、3人それぞれの単独での殺陣もあれば、モブ浪人同士の殺陣すらもあったりします。
 田舎の農村にしてはおそろしく殺伐としていますな。

 ちなみに面白いと思ったシーンを二つ挙げておきます。
 一つは水牢に入れられた柴左近が、生きた蛙を捕まえて食べるところです。これは泥臭い。
 それからもう一つは、クライマックスの戦いの時、桔梗鋭之介が柴左近に、
「俺はお前が好きだ」
 とコクるくだりです。しかもコクられた方も満更でもない反応を見せています。ウホッ。

ロミオとジュリエット(1968年、英伊)

監督:フランコ・ゼフィレッリ
出演:レナード・ホワイティング、オリヴィア・ハッセー、マイケル・ヨーク、ジョン・マケナリー
原題:Romeo & Juliet
原作:シェイクスピア『ロミオとジュリエット』
備考:悲劇

あらすじ…イタリアの都市ベロナ(ヴェローナ)。モンタギュー家とキャプレット(キャピュレット)家が対立していた。そんな中、モンタギュー家の御曹子ロミオとキャプレット家の令嬢ジュリエットが激しい恋に落ちる。

 シェイクスピアの映画作品となると、「ハムレット」ならば何本か観ているものの、「ロミオとジュリエット」はお粗末な状況(※)だったなと思い、レンタルビデオにてこれを視聴しました。
 もちろん原作と較べてみるとカットされているところがあります。例えばジュリエットの乳母のセリフはもっと多かったはずですし、最後の霊廟のシーンでも色々と細かな点が改変されています。
 とはいえ、本格的なストーリー展開は変わらないし、衣装も音楽もなかなかいい。ですので、古典劇としての「ロミオとジュリエット」を観賞するのにちょうどいいのかもしれません。

 尚、個人的にはジュリエットの幼い顔立ちが目につきましたが、映画の中でも言及されている通りジュリエットはもうじき満14歳、即ち13歳という設定です。若い。若すぎる。もちろんロミオも若い。
 その若い男女が出会ったその日にプロポーズ、そして翌日には結婚という性急さ。若気の至りってレベルじゃねーぞ!
 こうやって映像化されると、2人の若々しさ、未熟さが見えてしまいます。見方を変えればそれだけピュアなラブストーリーということになるのですが…。

※舞台を現代アメリカに移し、結末もハッピーエンドに変えてしまった「ロニーとジュリー」ならば観たことがあります。

【関連記事】
シェイクスピア(目次)
「ロニーとジュリー」

続・忍びの者(1963年、日本)

監督:山本薩夫
出演:市川雷蔵、藤村志保、城健三朗、坪内ミキ子、東野英治郎、永井智雄、山村聰
備考:時代劇

あらすじ…天正伊賀の乱の後、織田信長による忍者狩りは苛烈を極めていた。妻子と共に山中に隠れ住んでいた石川五右衛門は、忍者狩りに巻き込まれて子供を殺されてしまう。そこで五右衛門は妻の出身地の雑賀に身を寄せる。

「続・忍びの者」人物関係図

 「忍びの者」の続編。前作ではマキが妊娠していましたが、今作では赤子が産まれています。しかし物語の都合上、幸せな日々が長く続くわけがないもので…。

 それから、織田信長による忍者狩りについて。そもそも前作では伊賀の忍者たち(石川五右衛門を含む)が何度も信長を暗殺しようと付け狙っており、しかも今作の冒頭でも忍者が彼を暗殺しようとするくだりがあります。これだけやられたら忍者狩りが執拗になるのは当然といえば当然か。

 又、前作のレビューで織田信雄について、彼の「サディスティックな嗜癖」という「キャラクター特性が活かされることなく話が終わって」しまったのは「少々残念」と述べました。それが今回、捕えた忍者の新しい処刑方法を父親に提案するくだりでその特性が少しは活かされていました。そう、少しは。
 次に、羽柴秀吉(豊臣秀吉)。今作で秀吉を演じているのは初代水戸黄門こと東野英治郎です。私はテレビの再放送で初代水戸黄門を観ていたからそっちの印象が強く残っており、この映画の秀吉を見ると「悪い黄門様」に見えてしまいましたわ。

 最後に、本能寺の変について。映画の中盤に本能寺の変が起こるのですが、実質的にはこれがクライマックスです。
 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、ここで石川五右衛門はいかにも忍者らしい大活躍を見せてくれています。ただし、エグいところがあるのでご注意を。

【忍者映画】
忍びの者
新・影の軍団
新・影の軍団2
忍者ごっこ~超大豪華特別強化版~
ニンジャ☆チアリーダー
忍者ノス伝説

【関連記事】
市川雷蔵(目次)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31