無料ブログはココログ

新・平家物語(1955年、日本)

監督:溝口健二
出演:市川雷蔵、久我美子、木暮実千代、林成年、大矢市次郎
原作:吉川英治『新・平家物語』
備考:歴史劇

あらすじ…平安時代末期。平清盛はひょんなことから自分の「出生の秘密」を知り、苦悩する。

「新・平家物語」人物関係図

 まず人物関係図について少々。
 この時代の歴史をある程度知っている人ならわかると思いますが、史実ではもっと複雑です。原作の小説ではどうなっているのかは未読なのでわかりませんが、おそらくは映画化に際して簡略化されているものと思われます。
 そういえば源氏(もちろん武士の方です)は出てきませんでしたな。

 さて、本作の主人公・平太清盛(平清盛)を演じているのは市川雷蔵なのですが、この映画では吊り上がった太い眉毛が特徴的です。市川雷蔵の細面(ほそおもて)にあの眉毛を配するというのは妙な感じがしてなりません。まあ、おそらくあの眉毛は平清盛のキャラクターを表現しているのでしょう。
 それから、清盛の「出生の秘密」についても少々。有名な話なので言ってもネタバレにはならないと思いますが、清盛は実は白河院の御落胤らしい、という噂があります。実際のところどうだったのかについては歴史家の考証に委ねますが、ともかくもこの映画においてその「出生の秘密」は長く尾を引きます。それだけ重要な要因だってことです。

 尚、この映画では合戦のシーンはありません。というのは、瀬戸内海の海賊討伐が終わったところから物語が始まり、保元・平治の乱が始まる前に話が終わっているからです。
 その代わり、比叡山の僧兵軍団が大量に登場します。これは圧巻です。ただし、もう一度言いますが、合戦のシーンはありません。

 最後に一つ。中村玉緒がヒロインの妹(滋子)というチョイ役で出演しています。この時はまだ若手女優だったんですね。

【関連記事】
市川雷蔵(目次)
岡野友彦『院政とは何だったか 「権門体制論」を見直す』PHP
新源氏物語

第七の封印(1957年、スウェーデン)

監督:イングマール・ベルイマン
出演:マックス・フォン・シドー、グンナール・ビョルンストランド、ベント・エケロート
原題:Det sjunde inseglet
備考:モノクロ、時代劇

あらすじ…中世のスウェーデン。騎士アントニウス・ブロックとその従者ヨンスは十字軍の遠征から帰還の途上にあった。とそこへ、アントニウスの前に死神が現われる。アントニウスは死神にチェス対決を申し入れる。

 まずはタイトルについて。
 第七の封印とは『ヨハネの黙示録』に出てくるもので、映画の中でも引用されています。参考までに、手許の聖書から当該箇所を引用しておきます。

 小羊が第七の封印を開いたとき、天は半時間ほど沈黙に包まれた。そして、わたしは七人の天使が神の御前に立っているのを見た。彼らには七つのラッパが与えられた。(『新約聖書』「ヨハネの黙示録」第8章第1節―第2節)

 『ヨハネの黙示録』とは、新約聖書に収録されている宗教文書の一つで、ヨハネという人物が神の啓示を受けて見た夢の内容を書き記したものであり、ここにはいずれ起こる世界の終末の有様が描かれているとされています。
 つまり、この映画は終末的世界を描いた作品であるとタイトルで言っているようなものなのです。
 ところで、第七の封印というからには、当然のことながら第一~第六の封印も存在します。それらの封印が開かれた時に何が起こるかというと、戦争や飢饉、死、大地震などであり、大勢の人間が死にます。
 そして第七の封印が開かれると天使たちがラッパを吹き鳴らすのですが、そうすると天変地異が起こって更に大勢の人間が死にます。
 この映画では疫病(ペスト)で大勢の人間が死んでいます(のみならず、十字軍の戦いでも大勢の人間が死んでいる)が、『ヨハネの黙示録』に従うのならば、こういうひどい状況がまだまだ続くどころか、もっとひどいことになります。う~ん、絶望的!

 ところで、アントニウスは自分にずっとついてきたと言う死神に「覚悟は?」と問われて、
「体はな。心はまだだ」
 と答えています。私は二回目に観た時、ひょっとしたら彼は病気を抱えていて、もうすぐ死ぬかもしれないと思っていながらもそれを受け入れられず、従者のヨンスにも病気のことを隠して旅を続けているんじゃないか…などと勘繰ってしまいました。
 実際のところ私の推測が当たっているのか外れているのかはともかくとして、この映画はこんな風に色々と考えさせてくれる仕掛けがそこかしこにあります。頭を使うから大変といえば大変ですが、これはこれで面白い。

【関連記事】
ノーマン・F・カンター『黒死病 疫病の社会史』青土社

結婚協奏曲(1952年、アメリカ)

監督:エドマンド・グールディング
出演:ジンジャー・ロジャーズ、フレッド・アレン、ヴィクター・ムーア、マリリン・モンロー
原題:We're Not Married!
備考:ラブコメ

あらすじ…ブッシュ氏はクリスマス・イヴに判事任命の通知を受け取るが、任期は来年の1月1日からだった。そのため、その間に結婚の手続きをした6組の夫婦の結婚が実は法律上は無効だったと明らかになる。

 6組の夫婦の内の1組が離婚手続きをしたことから今回の不祥事が発覚し、知事の名前で残り5組に「結婚は無効でした」との通知が送られることになります。その5組の夫婦は以下の通り。

(1)グラッドウィン夫妻
 夫婦でラジオのDJを務める。ラジオ番組ではおしどり夫婦という設定だが、実は仲が悪くなっている。

(2)ノリス夫妻
 妻のアナベルはミセス・コンテストの全国大会出場を狙う美女。夫のジェフは家事・育児を押し付けられて…。

(3)ウッドルフ夫妻
 しゃべりすぎてお互いに言うことがなくなる。

(4)メルローズ夫妻
 テキサスの金持ち。妻のイヴは夫のフレディを罠にかけて離婚の財産分与を有利に進めようとする。

(5)フィッシャー夫妻
 夫のウィリーは兵士として太平洋戦線へ赴くことに。妻のパッツィはオメデタ。

 (1)のラジオ番組での露骨なステマっぷりには笑いました。例えば(設定上は)3歳の娘がハミガキ粉のアピールをするのですが、とても3歳児のしゃべる内容じゃない。
 又、(2)ではマリリン・モンローがアナベルを演じているのですが、それだけ。(3)はシュール。(4)は一種のハニートラップ。(5)はちょっとスリリングな展開が見られます。

 尚、婚姻の手続きが日本とは異なるため、そのあたりはちょっとわかりにくかったです。

モンキー・ビジネス(1952年、アメリカ)

監督:ハワード・ホークス
出演:ゲイリー・グラント、ジンジャー・ロジャーズ、チャールズ・コバーン、マリリン・モンロー
原題:Monkey Bussiness
備考:コメディ

あらすじ…バーナビー・フルトン博士はオクスレイ社で新薬開発に取り組んでいた。ある時、実験用のチンパンジー(エスター)がいたずらで作った薬を飲んだバーナビーは、一時的に若返ってしまう。

「モンキー・ビジネス」人物関係図

 原題の"Monkey Business"の語を手許の辞書(オックスフォード)で調べてみると、"susperious or dishonest activities or behavior"(疑わしいか不正な活動あるいは振る舞い)とありました。まあ、たしかに若返りの薬なんてあったら、それはいかがわしいですな。

 ちなみに、本作でマリリン・モンローは社長秘書(ローレル)を演じていますが、彼女の見せ場といえばせいぜい若返ったバーナビーとデートをするくらい。ですので、その方面の期待はあまりしないように。
 寧ろ、ここではチンパンジー(エスター)の演技の方が面白い。エスターが「適当に」薬を調合するくだりには笑っちゃいました。

薄桜記(1959年、日本)

監督:森一生
出演:市川雷蔵、勝新太郎、真城千都世
原作:五味康祐『薄桜記』
英題:Samurai Vandetta
備考:時代劇

あらすじ…浪人・中山安兵衛は高田馬場の決闘で村上兄弟を討ち剣名を挙げる。一方、村上兄弟の同門の知心流の旗本・丹下典膳は、その場に居合わせながら村上兄弟に助太刀しなかったことを責められ道場を破門される。

「薄桜記」人物関係図

 原作の小説は長編なので、映画化に際しては色々と削られるのは当然なのですが、この映画ではそれだけにとどまらず、換骨奪胎を色々とやらかしてくれています。
 例えば映画DVDのパッケージでは足を負傷した丹下典膳が雪の中で戦う場面が描かれていますが、原作の小説でも雪の中で戦うシーンはあるものの足は負傷しておらず、しかも戦う相手が全く違っていたりします。
 又、丹下典膳が隻腕になるのは小説では割と早い段階なのですが、この映画だと一時間を過ぎてから。そのため、彼の隻腕の剣士というイメージは薄らいでしまっているような気がします。
 それから、小説では随所に出てきた、武士の義理がもたらす不条理さと悲劇が、痛快娯楽作品にすることであまり描かれなくなっています。

 とはいえ、原作の小説を抜きにしても、見所はあります。
 線の細い市川雷蔵の丹下典膳と、野太い勝新太郎の中山安兵衛のコントラストはいい味を出しているし、千春が夫の不在中に雛人形相手に話しかけるヤンデレっぷり(あるいはメンヘラか)も印象的です。
 そして何より、クライマックスでの戦闘シーンは壮絶です。雪の上で寝転がりながら瀕死の戦いを展開するというのは凄まじい。

【関連記事】
五味康祐『薄桜記』新潮社(1)
五味康祐『薄桜記』新潮社(2)
五味康祐『薄桜記』新潮社(3)

ナイアガラ(1953年、アメリカ)

監督:ヘンリー・ハサウェイ
出演:マリリン・モンロー、ジョゼフ・コットン、ジーン・ピーターズ、ケイシー・アダムズ
原題:Niagara
備考:スリラー映画、サスペンス、観光映画

あらすじ…カトラー夫妻が新婚旅行でナイアガラへやってくるが、予約していたコテージには前客のルーミス夫妻が居座っていた。ルーミス夫人(ローズ)は愛人のパトリックと共謀して夫を殺そうと企むが…。

「ナイアガラ」人物関係図

 映画「マリリン 7日間の恋」を観た後、彼女の代表作を一つは観ておこうと思い立ち、この「ナイアガラ」を視聴しました。彼女の代表作としては「お熱いのがお好き」なども思い浮かびますが、とりあえず「ナイアガラ」も彼女の代表作の一つに違いあるまいと思った次第。

 さて、この映画ではマリリン・モンローただ一人が強烈な印象を残している、というのが私の正直な感想です。演出なのか本人のオーラによるものなのか、ともかくも彼女だけが別格でした。

 それから、この映画は観光映画でもある、ということも指摘しておきたいと思います。カトラー夫妻がナイアガラの滝を観光するシーンがあり、観客はそれを観て観光気分を味わうのですから。

熱い夜の疼き(1952年、アメリカ)

監督:フリッツ・ラング
出演:バーバラ・スタンウィック、ポール・ダグラス、ロバート・ライアン、マリリン・モンロー、キース・アンデス、J・キャロル・ネイシュ
原題:Clash by Night
備考:ドラマ

あらすじ…田舎の漁港に、都会での生活に疲れ切ったメイ・ドイルが帰ってくる。彼女は漁師のジェリー・ダマトと結婚し一児をもうけるが、夫の友人アールに惹かれて行き…。

「熱い夜の疼き」人物関係図

 この映画はメイとジェリーが結婚するまでの前半部分と、二人の間に子供が産まれてからの後半部分とに大きく分けることができます。前半と後半とでは人物関係が微妙に変わっているので、人物関係図は両方用意しました。

 さて、この映画の邦題は「熱い夜の疼き」ですが、原題は"Clash by Night"となっており、語感としては「疼き」は「Clash」よりも柔かい印象を与えます。
 メイがヒステリーを起こした時に波しぶきが挿入されますし(波がClash!)、この後の展開も「疼き」なんていう生やさしいレベルじゃなくなってくるので、邦題の方はちょっとそぐわないような気がします。
 ちなみにフロイト先生がメイのヒステリーを観たら、抑圧された性衝動が云々と分析するかもしれません。つまりジェリーではメイを満たしちゃくれないってことなんでしょうな。

 ところで、この映画ではマリリン・モンローが脇役で出てきます。主人公(メイ)の弟の恋人(ペギー)という役で、このペギーは粗野で気性の荒いところがあって、恋人をグーパンチで殴るシーンもあったりします。
 マリリン・モンローがこういう役どころを演じるのは珍しいんじゃないでしょうか。

パンと恋と夢(1953年、イタリア)

監督:ルイジ・コメンチーニ
出演:ヴィットリオ・デ・シーカ、ジーナ・ロロブリジーダ、マリザ・メルリーニ、ロベルト・リッソ
原題:Pane, Amore e Fantasia
備考:ラブコメ、ベルリン映画祭金熊賞

あらすじ…南イタリアの平和な村に、新しい警察署長アントニオが赴任するところから始まる。村には山猫というあだ名の気は強いが可愛い娘マリアがいて、所長(原文のママ)はこの娘の魅力にひかれる。マリアは内気な巡査ステッルティに恋心を抱いているのだが、うまくことが運ばない。それぞれの思いを巡らせて……。(DVDパッケージ裏の紹介文より引用)

Photo_6

 人物関係図の中で署長のアントニオ・カロテヌートのハートマークがアンナレッラ(アンナレ)夫人とマリア・デ・リティス(ベルサリエラ)の二人に向かっていますが、イタリア男ならこれくらい朝飯前かもしれませんね(偏見)。

 ところで、この映画の中で描かれるイタリアの田舎は実に貧しく、殊にマリアの家庭は貧農といってもいいくらいですが、よくよく考えてみればこの頃のイタリアは貧しかったのだから別段不思議ではないか。

 それにしても、小気味のいいラブコメが展開されるのでニヤニヤが止まらない。そもそも私はラブコメはあまり観ないので、こういうものに対する免疫ができていないんですよねえ。

パンと恋と夢

上州鴉(1951年、日本)

監督:冬島泰三
出演:大河内傳次郎、水戸光子、本間謙太郎、羅門光三郎
原作:三村伸太郎
備考:時代劇

あらすじ…故郷恋しさに関所破りをして、とある信州の宿場にやってきたお尋ね者の渡世人・星越の瀧蔵は、身売りされようとした娘を助けた為に、自分の身も危うくなり、その危機を逃れる為身を隠すが、かくまってくれたのは、かって恩義をかけてやった板前とその女房のお吉だった。やがて今度はお吉たちを助けるために悪者達と戦った瀧蔵だが、お吉の老父が瀧蔵の召し取りに執念を燃やす目明かしと知ると…。(パッケージ裏の紹介文より引用)

「上州鴉」人物関係図

 この映画には上図に載っている人物の他にも、駆け落ちしてきた男女や仇敵を探す講釈師、ひょうきんな駕篭掻きの二人組など様々な人物が登場し、さながらグランドホテル形式の如き様相を呈しています。ただ、彼らは本筋とはあまり関係がないので人物関係図からはバッサリとカットさせていただきました。

 さて、本作の中味についてですが、星越の瀧蔵と目明かしの伍助が酒を酌み交わすシーンで涙腺が緩んでしまいました。
 ネタバレ防止のために詳細は言えませんが、話に出てきた子供とは誰のことか、察しのいい人ならすぐにわかるし、それをわかった上で二人の会話を聞いていると…おっといけねえ、これ以上は言えませんわ。

上州鴉

蜘蛛巣城(1957年、日本)

監督:黒澤明
出演:三船敏郎、山田五十鈴、千秋実、志村喬
原作:シェイクスピア『マクベス』
備考:時代劇

あらすじ…時は戦国時代。妖婆の「蜘蛛巣城の城主となる」という予言を受けた鷲津武時は、主君を暗殺して蜘蛛巣城の主となる。だが…。

 「虎の尾を踏む男達」が面白かったので、同じ黒澤明監督の時代劇作品である「蜘蛛巣城」を観賞することに。尚、原作の『マクベス』は2回ほど読んでいます。

 さて、本作の内容については色々と言いたいことがありますが、語りだすと長くなって収拾がつかなくなるので一つだけに絞らせていただきます。
 妖婆が最初に登場する時に糸を紡いでいましたが、あれを観て私は北欧神話の運命の三女神ノルンを、そしてギリシア神話の運命の三女神モイライを想起しました。ノルンもモイライも人間の運命の糸を紡いでいることから、あの妖婆も鷲津武時の運命の糸を紡いでいるのだと見ることができるのではないでしょうか。

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30