無料ブログはココログ

新諸国物語 七つの誓い 凱旋歌の巻(1957年、日本)

監督:佐々木康
出演:萬屋錦之介、東千代之介、千原しのぶ、伏見扇太郎、波島進、大川橋蔵、片岡栄二郎
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…カラコジアの財宝を狙うオンゴは、カラコジアの大臣という触れ込みで京の将軍・足利義晴に謁見する。一方、トルハンや五郎らのカラコジア王国復興を期する者たちも京に集結する。

 「奴隷船の巻」の続きで、3部作の完結篇。
 それから本作に登場する足利義晴は室町幕府第12代将軍で、この時代の日本は戦国時代。同じ「新諸国物語」シリーズの「笛吹童子」では、京の街は戦乱により荒廃していましたが、こちらはそういった感じはなく、一応は安定している模様。
 さて、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、本作のクライマックスの大立ち回りは派手なものに仕上がっています。各キャラの殺陣を見せているところなどは、オールスター映画っぽさがあります。しかも、主要人物の処刑が迫っているという緊迫した状況が、緊張感をより一層高めているのも見逃せない(柴が燃え上がるスピードが遅いのは、このさい目をつぶろう!)。

新諸国物語 七つの誓い 奴隷船の巻(1957年、日本)

監督:佐々木康
出演:萬屋錦之介、東千代之介、千原しのぶ、伏見扇太郎、波島進
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…オンゴに捕らえられた五郎やトルハンらは奴隷船に乗せられてオンゴと共に日本の南端の「はぐれ島」に連れて行かれる。はぐれ島では、奴隷を酷使して鉄砲が作られていた。一方その頃、桜子姫が老婆に連れられ京へ上るが…。

 三部作の第2部で、「黒水仙の巻」の続き。
 今作のタイトルは「奴隷船の巻」ですが、奴隷船が出てくるのは最初の方だけ。あとは「はぐれ島」が舞台となります。
 さて、そのはぐれ島ですが、なんと海底トンネルがあります。しかも映像を観るとトンネルのすぐ上に海底があり、よくこんな状態で漏水しなかったものだと感心せざるをえない。
 それから、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、ストーリー自体はそんなに進展していません。三部作の第2作ということで、ちょっとしたインターバルになっているようです。
 そんなわけで第3部「凱旋歌の巻」へと続く。

新諸国物語 七つの誓い 黒水仙の巻(1956年、日本)

監督:佐々木康
出演:中村錦之助、東千代之介、大川橋蔵、伏見扇太郎、波島進、丘さとみ、吉田義夫
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…五郎は父を探しにネパールの山中を旅し、山賊のオンゴに捕らえられる。そしてそこで父のトルハンと再会し、サラの手助けで脱出する。

 物語の舞台はネパールの山中ということで、時代劇にしてはエキゾチックな感じがします。でも、背景(合成)の書き割りにエジプトのアブ・シンベル神殿の像っぽいのが描かれているのには笑っちゃいました。その方面に詳しい人が見れば「そこは違うだろ」という箇所が見つかるかもしれません。もっとも、そういった細かい点はあまり気にせずに、ファンタジー時代劇くらいに見ておいた方がいいのかもしれません。
 尚、後半は舞台が日本に移ります。そこでは別のキャラクターたちが大量に出てくるので、私にはちょっと覚えきれませんでしたわ。

 第2部「奴隷船の巻」に続く。

新諸国物語 紅孔雀 完結篇 廃墟の秘宝(1955年、日本)

監督:萩原遼
出演:中村錦之助、大友柳太朗、高千穂ひづる、山手弘、三条雅也、東千代之介
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…色々あって遂に紅孔雀の財宝が!

 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、完結篇ではとある人物たちの出生の秘密が明らかになります。さすがにこれは頭がついて行かない展開です。
 それから、最後の10分くらいは怒涛の展開です。財宝を目の前にした悪党同士の潰し合いがなかなか面白い。やっぱりそうなりますよね。

新諸国物語 紅孔雀 第四篇 剣盲浮寝丸(1955年、日本)

監督:萩原遼
出演:中村錦之助、大友柳太朗、高千穂ひづる、山手弘、三条雅也、東千代之介
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…主水に攻め込まれた信夫一角は、那智嘉門を連れて花の島へ逃れる。一方、白鳥党の首領として覚醒した那智小四郎は浮根島へ渡ることに。そして浮寝丸は漂流して那智の屋敷に逗留する。

 第四篇のタイトルは「剣盲浮寝丸」。浮寝丸は盲人だから「盲」はわかりますが、「剣」はどうもピンと来ません。というのは、第三篇まで彼の剣技を観ていないからです。そして、第四篇でもなかなか剣を抜かない。
 しかしそれでも最後のクライマックスで浮寝丸はようやく剣を抜いて戦いに。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、そのシーンは黒刀自が結構ウザイです。ついついそっちに目が行ってしまいます。

新諸国物語 紅孔雀 第三篇 月の白骨城(1955年、日本)

監督:萩原遼
出演:中村錦之助、大友柳太朗、高千穂ひづる、山手弘、三条雅也、東千代之介
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…那智小四郎を殺すようマインドコントロールされた久美は、浮寝丸の裏切りによって島を脱出する。一方、信夫一角一味との戦いで崖から転落した那智小四郎は、信夫一角に捕らわれる。

 第三篇はストーリーがあまり進展しない回となっています。ヒロインの久美はマインドコントロールに苦しみながら逡巡を繰り返して時間を潰しているし、主役の小四郎に至っては、牢に閉じ込められているか、さもなくば寝込んでいる時間が多いですからね。
 とはいえ、あんまりストーリーが展開しすぎると、観ているこっちの頭がついて行かないからなあ…。
 最後に一つ。タイトルにある「月の白骨城」って、出てきましたっけ?

新諸国物語 紅孔雀 第二篇 呪の魔笛(1955年、日本)

監督:萩原遼
出演:中村錦之助、大友柳太朗、高千穂ひづる、山手弘、星美智子、東千代之介
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…紅孔雀の財宝の鍵を巡って争奪戦が繰り広げられたが、鍵は主水の機転によって海中に投じられてしまう。それから海賊が久美を攫うが、久美は風小僧の手引きで脱出する。

 タイトルにある「呪の魔笛」とは、おそらく「されこうべ党」の浮寝丸が使う笛のことだと思われます。尚、この笛は中盤以降に登場します。
 しかしそれにしても、そこで白鳥党とされこうべ党の対立という話をいきなりぶち込んできたのには参りました。急展開すぎて、頭がちょっとついて行かない。

新諸国物語 紅孔雀 第一篇 那智の小天狗(1954年、日本)

監督:萩原遼
出演:中村錦之助、大友柳太朗、高千穂ひづる、岩井明、三条雅也、西条鮎子、山手弘、吉田義夫
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…紀州の代官・那智嘉門は紅孔雀の宝庫を開く鍵を持ち伝えていた。妖術師の信夫一角と元海賊・網の長者がそれを手に入れようと狙っていた。

「新諸国物語 紅孔雀 第一篇 那智の小天狗」人物関係図

 物語の冒頭、「紅孔雀の宝は鍵と地図がなければ得る事が出来ない」と表示されます。ただし、第一篇で登場するのは鍵だけで、第一篇は鍵の争奪戦に終始しています。地図や財宝は次回作以降となります。
 ところで、嘉門の回想の中でローマの教会が出てくるのですが、まず最初にローマの風景を出しておいて「ここはローマである」と示すところですが、これが書き割りです。おそらく予算がなかったのでしょう。そう考えると、教会内部のセットも…。

 次に、主人公の小四郎について。小四郎は那智の小天狗という二つ名を持っています。
 そもそも天狗は修験者のイメージが妖怪化したものです。又、那智といえば、紀州熊野の那智は修験道の道場としても有名。那智の小天狗という名前はそういう連想が働いたものと思われます。
 それから、私は高尾山によく登るのですが(ここも修験道の道場)、ここには小天狗の像があります。しかもこの小天狗は大天狗と一対の存在なのです。この映画における小天狗が小四郎ならば、大天狗は…?

 最後に、第一篇の最後の大立ち回りのシーンで、網の長者が弓衆を率いて小四郎に向かって矢を射かけさせるのですが、ちょっと待て。そっちにはお前の娘の久美もいるんだぞ。おそらく、彼は紅孔雀の財宝に眼がくらんで歯止めが利かなくなってしまっているのでしょう。恐ろしいことですな。

少年探偵団 二十面相の復讐(1957年、日本)

監督:石原均
出演:波島進、小牧正英、中村雅子、神田隆、小森康充、浜田百合子
原作:江戸川乱歩
備考:ミステリー

あらすじ…柳沢邸に怪人二十面相が現われた!

 中盤、柳沢邸でパーティーが開かれるのですが、そのパーティーに二十面相が来るとの予告状が届きます。というわけで少年探偵団が屋敷の周りを警戒し…って、ちょっと待て。そのパーティーは夜に開催されているわけで、子供を夜に動員しちゃまずい。いや、そもそも犯罪に巻き込まれる危険性が高いので、これはいかんでしょ。
 そう思っていたら、二十面相を追跡していた子供二人が二十面相にさらわれてしまいます。…言わんこっちゃない。

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

新諸国物語 笛吹童子 完結篇 満月城の凱歌(1954年、日本)

 この映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/2IIQVLfXBb8

監督:萩原遼
出演:東千代之介、中村錦之助、田代百合子、高千穂ひづる、大友柳太朗、月形龍之介
原作:北村寿夫
備考:時代劇

あらすじ…堤婆から逃げ出した桔梗と斑鳩隼人。そこへ髑髏の面をかぶった萩丸がやってくる。何とか満月城から逃げ出してきたのだという。

 物語の中盤で、赤柿玄蕃を打倒するべく白鳥党なるものが結成されていたことが明かされます。第一部で萩丸と上月右門が大した考えもなしに城に突撃していましたが、そんなことせずに最初から白鳥党と合流するべきだったと思いますわ。
 ちなみに萩丸の弟の菊丸は何をしていたのかというと、白鳥の面に使う木材を探して旅をしていました。呑気なものですね。本人は武士を捨てたと言っていますが、そんなことで平穏な生活を送れるはずもなく…。
 ところで、タイトルに「満月城の凱歌」とありますが、凱歌とは勝利を祝う歌、勝どきという意味であり、タイトルで結末をネタバレしているような気がします。

【関連記事】
新諸国物語 笛吹童子 第1部 どくろの旗
新諸国物語 笛吹童子 第二部 妖術の斗争

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31