無料ブログはココログ

ベンガルの槍騎兵(1935年、アメリカ)

監督:ヘンリー・ハサウェイ
出演:ゲイリー・クーパー、フランチョット・トーン、リチャード・クロムウェル、ガイ・スタンディング、モンテ・ブルー
原題:The Lives of a Bengal Lancer
原作:フランシス・イエーツ・ブラウン
備考:CLASSIC MOVIES COLLECTION

あらすじ…デルヒに駐在の英国の槍騎兵隊第41連隊はストーン大佐の統率下に凶暴なアフリディ族討伐の任務に当たっていた。大佐の部下で豪勇なマグレガー中尉は落ち着いた大佐の態度が気に入らず、猪突の勇を揮っては常に大佐を苦笑させていた。連隊に2人の新任将校が来た。フォーサイス中尉と大佐の令息ドナルド・ストーン中尉であった。(パッケージの紹介文より引用)

「ベンガルの槍騎兵」人物関係図

 物語の中盤で連隊が猪狩りを催す場所は「ゴーバル」とされていますが、映画の中では「Gopal」と表記してあったので、ここでは「ゴーパル」とさせていただきます。
 さて、物語の舞台はイギリス支配下のインドですが、エミールやモハメッド・カーンといった名前はイスラム系であり、場所も今のパキスタンに近い。そういえばインドがイギリスから独立した後、更にインドからムスリムの多いパキスタンが分離独立したから、当時あのあたりも英領インドでしたっけ。

 ちなみに、人物関係図の左下に出てくる謎の美女ターニアは、簡単に言うとハニートラップです。いわば、マタ・ハリ(※)の後輩といったところでしょうか。
 それから、父親のエミールがイギリスに対して友好的なのに、息子のモハメッド・カーンがイギリスに敵対している件について。愚考するに、エミールは実はタヌキオヤジで、今のところは友好を維持しているだけで、裏では…ということも考えられます。狡猾な政治家ならば、その程度の謀略に手を染めていても不思議ではあるまい。
 最後に、モハメッド・カーンについて。インド独立を目指すのは結構ですが、ちょっと急ぎすぎているという感が否めない。戦いに必要なのは銃弾だけではないし、更に言えば独立戦争を仕掛けるのならば戦う相手は槍騎兵隊第41連隊のみならず、他のイギリス軍や地元の親英勢力の軍隊とも戦わねばならない。共に戦ってくれる「同志」が欲しいところです。

※第一次世界大戦中に処刑された女スパイ。

西部戦線異状なし(1930年、アメリカ)

監督:ルイス・マイルストン
出演:リュー・エアーズ、ウィリアム・ベイクウェル、ラッセル・グリーソン
原題:All Quiet on the Western Front
原作:エーリッヒ・マリア・レマルク
備考:反戦映画、アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞

あらすじ…第一次世界大戦下のドイツで、教師に愛国精神をとうとうと説かれ、胸を熱くしながら出征を志願し、厳しい訓練の下、戦線に赴いたポール(リュー・エアーズ)。しかし、戦場の実態は想像を絶する苛酷なものであった…。(パッケージ裏の紹介文より引用)

 フォルカー・ベルクハーンの『第一次世界大戦 1914-1918』を読んで第一次世界大戦の損失を数字で見ることになりましたが、この映画では映像でそれを見せてくれます。特に、戦死を。モブの兵士はもちろんのこと、主人公の友人たちまでもがあっけなく、それも次々に死にます。そして最後にはこれまたあっけなく…おっと、さすがにネタバレ防止のために結末は伏せておきましょうかね。

 ところで、物語の中盤で、兵士たちが前線から一旦離れ、政治談議に花を咲かせているシーンがあります。よくよく考えてみれば、政治がクソだったら前線で戦っている自分たちが無駄死にしかねない(例えば、拙劣な外交によって、戦わなくていい国を敵に回したらどうなる?)のだから、彼らが関心を持つのは当然です。
 そういえばアドルフ・ヒトラーは第一次世界大戦から帰還した際に政治家になる決意をしたと『わが闘争』に書いてあったと記憶しています(当該箇所を読んだのは数年前なので、記憶違いがあるかもしれない)。
 それらを思い合わせると、若き日のヒトラーもこのような兵士たちの政治談議に加わって政治意識を高めていったんじゃないかと想像致します。

西部戦線異状なし

【関連記事】
フォルカー・ベルクハーン『第一次世界大戦 1914-1918』(1)
フォルカー・ベルクハーン『第一次世界大戦 1914-1918』(2)
フォルカー・ベルクハーン『第一次世界大戦 1914-1918』(3)
フォルカー・ベルクハーン『第一次世界大戦 1914-1918』(4)
アドルフ・ヒトラー『わが闘争』(目次)

犯罪王リコ(1931年、アメリカ)

監督:マーヴィン・ルロイ
出演:エドワード・G・ロビンソン、ダグラス・フェアバンクスJr.、グレンダ・ファレル、シドニー・ブラックマー
原作:ウィリアム・R・バーネット
原題:LITTLE CAESAR
備考:ギャング映画

あらすじ…田舎町で強盗を働いた主人公は、暗黒街のボスになる大望を抱いて、相棒と共に、大都会へ出てくる。やがて、暗黒街の大物に取り入った主人公は、組織の中で頭角を現し、力を持つようになるが、やがて悲惨な最後を迎えることになる。(パッケージの紹介文より引用)

 タイトルに「犯罪王」とありますが、主人公のエンリコ・バンデロ(通称リコ)が上りつめるのは街を仕切るギャングの幹部までで、王と呼ぶにはちょっと不足気味です。せいぜい「犯罪大臣」くらいでしょうか。でも、それじゃあ通りが悪いし、原題で彼の愛称でもあるリトル・シーザー(Little Caesar)にちなんで「犯罪王」となっているのかもしれません。
 さて、本作品の内容についてですが、リコがのし上がるスピードが異常に速いような気がします。下積み時代の活躍がもっと描かれていてもよかったんじゃないかと思います。
 ところで、私の好きなシーンは、リコが相棒に銃を突きつけるくだりです。リコの眼光鋭い目から涙がにじみ出てくるのです。うまい演技だなあ。

犯罪王リコ [DVD] FRT-149 DVD 犯罪王リコ [DVD] FRT-149

販売元:ファーストトレーディング
発売日:2006/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ミッキーマウスの悪夢(1932年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
http://www.youtube.com/watch?v=OeUl2itjtEQ&feature=related

制作:ウォルト・ディズニー
出演:ミッキーマウス、ミニーマウス、プルートー
原題:Mickey's Nightmare
備考:アニメ

あらすじ…ミッキーは夢を見た。ミニーと結婚してコウノトリがたくさんの子供を運んできて、その子供たちがイタズラしまくるという夢だった。

 2分21秒のところで一時停止してミニーのそばで寝ている子供たちの数をカウントしてみると、ベビーが21匹もいました。これだけのイタズラっ子が家の中を暴れ回ってしっちゃかめっちゃかにしたら、たしかに悪夢です。
 というわけで、この騒がしい悪夢が4分半ほど続きます。
 ちなみに、現時点(2009年)でもミッキーとミニーとの間には子供がいませんが、ひょっとしたらこの時のミッキーの悪夢がいまだにトラウマになっていて、子作りを躊躇しているのかもしれませんな。

ミッキーマウスのピクニック(1930年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
http://www.youtube.com/watch?v=weHHOGCiGlM&feature=related

制作:ウォルト・ディズニー
出演:ミッキーマウス、ミニーマウス、プルートー
原題:The Picnic
備考:アニメ

あらすじ…ミッキーマウスはミニーとプルートーを連れてピクニックに出かける。

 ミッキーとミニーが、食い物を奪われているのにも気付かず踊り続ける間抜けっぷりや、プルートーがウサギを勝手に追い掛け回すおバカっぷりなど、実にわかりやすいギャグを披露してくれます。
 最後に下ネタを一つ。ミニーのパンツのお尻の部分に布を継ぎ足した部分があります。一体何をやってその部分に穴を開けたのでしょうか?

くもの巣ホテル(1936年、アメリカ)

 このアニメは、Free Movies & Documentariesで観ました。
http://www.moviesfoundonline.com/cobweb_hotel.php

監督:デイヴ・フライシャー
原題:The Cobweb Hotel

あらすじ…クモが経営するホテルには、たくさんのハエが囚われの身となっている。とそこへ、新たに2匹のハエがそのホテルに宿泊しにやってくる。

 冒頭の画質のひどさは…まあいいか。
 それはさておき、この作品では悪役のクモが、中盤以降はコテンパンにやられます。寧ろ、クモに同情すらしてしまうくらいです。
 ちなみに、この2匹が泊まろうとする部屋の番号が13(※キリスト教圏では不吉な数字)だったのは一つの小ネタでしょうな。

 フライシャー兄弟のカラー・クラシック 4 フライシャー兄弟のカラー・クラシック 4
販売元:ハピネット・オンライン
ハピネット・オンラインで詳細を確認する

西部地獄街(1937年、アメリカ)

 この映画は、Yahoo!動画で観ました。

監督:チャールズ・バートン
出演:ジョン・ウェイン、ジャック・ケネディ
原題:Helltown
備考:西部劇

あらすじ…流れ者二人がワイオミングに流れ着き、街ぐるみのイカサマ賭博に巻き込まれる。

 西部劇の定番ともいうべき銃撃戦ももちろん見所ですが、それ以外にもポーカー賭博のイカサマも見所です。
 尚、一時間弱の短い作品であり、尚且つ薄っぺらな内容(複雑なストーリーや設定はない)ですので、ジョン・ウェインの西部劇を鑑賞するにはお手軽なんじゃないかと思います。

西部地獄街 [DVD] FRT-214 DVD 西部地獄街 [DVD] FRT-214

販売元:ファーストトレーディング
発売日:2006/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ポパイとかわいいスウィーピー(1936年、アメリカ)

 このアニメ作品は、Free Moviesで観ました。
http://emol.org/movies/popeye/littlesweetpea/index.html

監督:デイブ・フライシャー
原題:Little Swee' Pea
備考:モノクロ

あらすじ…ポパイが子供をつれて動物園へ行く。

 ポパイは子供を乳母車に乗せて動物園へと連れて行くのですが、上を向いて何やら歌いながら歩いているので、子供が乳母車を抜け出してどこかへ行ってしまっても、なかなか気付かない。
 又、逃げ出した子供を追いかけて動物の檻の中に入るのですが、動物に喧嘩を吹っかけられると子供はそっちのけで動物と喧嘩する。一旦檻から出ればいいのに…。
 あともう一つ気になったのが、動物園です。この動物園、ポパイと子供以外に、客が見当たらない。平日の昼間に行ったのでしょうが、それにしても閑散としすぎている。経営は大丈夫か?

ポパイの船乗りシンドバッドの冒険(1936年、アメリカ)

 このアニメ作品はYahoo!動画で観ました。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00290/v01862/v0186200000000345567/

監督:デイヴ・フライシャー
原題:Popeye the Sailor Meets Sindbad the Sailor

あらすじ…ポパイとシンドバッドが戦う。

 シンドバッドは自分の島にライオンやらドラゴンやら怪鳥やら双頭の巨人やらを飼っていますが、エサはどうしてるんでしょうか?
 それはさておき、シンドバッドがここでは悪役となっていますな。現代の日本に喩えるなら、足柄山の金太郎が山賊になって仮面ライダーに退治されるようなものでしょう。

ポパイのアリ・ババと40人の盗賊(1937年、アメリカ)

 この短編アニメ映画は、Yahoo!動画の「映画」コーナーで観ました。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00290/v01862/v0186200000000370908/

監督:デイヴ・フライシャー
時間:約18分

あらすじ…ポパイはアラビアの盗賊団アブ・ハッサンの悪行を聞きつけ、盗賊退治に向かう。

 ポパイの行動には計画性が感じられません。
 悪行を聞きつけると、ロクに調べもせずに飛行機を飛ばし、北極や南アフリカなどを回る始末(アラビアがどこにあるかすら知らなかった模様)。おまけに飛行中にガタが来て墜落してしまいます(整備ぐらいちゃんとやっておくべきだし、あるいは、壊れるくらいに飛行機を酷使するのも問題)。
 さすがはポパイ、脳みそが筋肉で出来ているようですな。

DVD ポパイのアリババ退治

販売元:アイ・ヴィー・シー
発売日:2007/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28