無料ブログはココログ

戦艦ポチョムキン(1925年、ソ連)

監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン
出演:アレクサンドル・アントノフ、ウラジーミル・バルスキー、グレゴリー・アレクサンドロフ
備考:史劇、プロパガンダ、無声映画

あらすじ…1905年、黒海の戦艦ポチョムキン号で水兵が反乱を起こす。

 私が視聴したDVDは淀川長治監修の「世界クラシック名画100撰集」で、冒頭に淀川長治の解説が入っていました。子供の頃に彼の映画解説をテレビを観ていたことがあるから、これは懐かしい。
 尚、解説の中では「イワン雷帝」にも言及していたので、関連記事の項目では「イワン雷帝」のレビュー記事を入れておきました。

 ところで、この作品はソ連のプロパガンダ映画ということで敬遠もしくは拒否反応を示す方もいらっしゃるのかもしれません。そういう方々には無理強いはしませんが、思想云々を抜きにしてテンポの良さや構成の巧みさ、演出の凄さを味わってみるのもいいでしょう。

 さて、この映画の最も有名なシーンは、オデッサの大階段で乳母車が階段を転げ落ちるところでしょうが、このシーンは他で色々と言われている(冒頭の淀川長治も言及している)ので、今回私はオデッサの大階段の別のシーンについて取り上げたいと思います。
 銃撃を受けて血まみれになって倒れた男の子が出てくるのですが、母親がその子を抱きかかえて、物凄い形相で何かしゃべりながら兵士たちに向かって行きます。
「お願いです。撃つのをやめてください」(53:25)
「うちの子が重傷なんです」(53:47)
 あの顔で、こんな生やさしい言葉であるはずがない。もっと強烈な悪罵、呪いの言葉を発していたんじゃないでしょうか。

 最後に、ラストについて。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、ポチョムキン号の反乱兵たちにとって一番いい時に話が終わっています。私が以前読んだ『戦艦ポチョムキンの反乱』(リチャード・ハフ著)という本では映画と史実の相違点やその後の経緯なども書かれているのですが、それによるとポチョムキン号は補給を受けられずにどんどん追い詰められて行きます。
 ここでの終幕とすることについては賛否が分かれるかもしれませんが、私なんかは「うまくやりやがったな」と思ってしまいます。

【関連記事】
イワン雷帝 第一部
イワン雷帝 第二部
リチャード・ハフ『戦艦ポチョムキンの反乱』講談社

メトロポリス(1927年、ドイツ)

監督:フリッツ・ラング
出演:ブリギッテ・ヘルム、アルフレッド・アベル、グスタフ・フレーリッヒ
原題:Metropolis
備考:淀川長治総監修『世界クラシック名画100撰集』(3)

あらすじ…近未来の巨大都市メトロポリス。支配階級は上階層で繁栄を謳歌し、労働者は地下深くに住んで過酷な労働に従事していた。メトロポリスの支配者フレーダーセンは科学者ロトワングに、労働者のカリスマ的指導者マリアとそっくりのアンドロイドを造らせ…。

 1927年の作品(製作は1926年で公開は1927年)ということで、当然のことながらモノクロでしかも無声なのですが、未来都市のSFっぷりがよくできています。メトロポリスの巨大ビルの間を縫うようにプロペラ機が飛び、その下のハイウェーを車が走る…。
 1927年のドイツといえばワイマール憲法下であり、ナチスが台頭する直前です。その時代にこれですからね。

 それから、エキストラがとても多いということも特筆しておかねばなりますまい。例えば労働者の集会でマリアがバベルの塔の話をするのですが、その話の中だけでも大量のスキンヘッド集団が登場します。
 低予算映画だと、作品の中で群衆や軍勢だと説明されても、映像を観ると「たったそれだけ!?」というものがありますが、この映画にはそんなところはありません。豪勢だなあ。

 ちなみに、この映画はフラッシュ動画「Mariotropolis」の素材元なのですが、素材となったアンドロイドが踊るシーンは中盤に登場します。Mariotropolisに使われたのはほんの一部であり、映画ではそれ以外にも体を震わせて踊っていたりします。

メトロポリス

一週間(1920年、アメリカ)

 このムービーは、Free Movies & Documentariesで観ました。
http://www.moviesfoundonline.com/one_week.php

監督:エドワード・F・クライン、バスター・キートン
原題:One Week
備考:コメディ、モノクロ無声

 ロシア民謡「一週間」風にあらすじを紹介すると…

月曜日に結婚式を挙げ
火曜日にお家を建てた
水曜日にピアノを運び
木曜日に妻が入浴
金曜日にみんなでパーティー
土曜日に移転を迫られ
日曜日に家が大破した
トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャー♪
トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャー♪

 といったところでしょうか。
 ちなみに、作品の中で金曜日の日付は13日になっています。
 ともかくも、カーアクションあり、ドタバタあり、汽車によるクラッシュありと、20分という長さの割にはなかなかボリューム感のあるコメディとなっております。

ノスフェラトゥ(1922年、ドイツ)

 この映画は、Free Movies & Documentariesで観ました。
http://www.moviesfoundonline.com/nosferatu.php

監督:F.W.ムルナウ
出演:マックス・シュレック、アレクサンダー・グラナハ、グスタフ・フォン・ワンゲンハイム、グレタ・シュレーダー
原題:Nosferatu
原作:ブラム・ストーカー
備考:ホラー映画、ドイツ表現主義映画、モノクロ無声

 33分ほどのところでストップしてしまいました。どうもこの先のデータが消失しているようです。というわけで、私はそこまでしか観られませんでした。う~ん、残念。

吸血鬼ノスフェラトゥ 新訳版 [DVD] DVD 吸血鬼ノスフェラトゥ 新訳版 [DVD]

販売元:有限会社フォワード
発売日:2007/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ガーティの旅(1921年、アメリカ)

 このアニメは、ウィンザー・マッケイのアニメーションが見れるページから観ました。

制作:ウィンザー・マッケイ
原題:Gerty on tour

あらすじ…恐竜ガーティ(メス)がヒキガエルにビビり、さらには電車を転覆させる。

 ストーリーは、あまり深く考えない方がいいようです。列車を転覆させた後、ガーティは眠ってパーティーの夢を見る(その中で自分が踊っている!)のですが、そもそもどうしてそんな展開になるのか脈絡が全く感じられない。
 いや、脚本とか設定ではちゃんとしたストーリーがあるのでしょうが、この短いアニメ版だけを見せられるとサッパリわからなくなります。

 ちなみに、ウィンザー・マッケイの他の作品「ケンタウロス」を以前取り上げたことがあるのですが、その「ケンタウロス」では、最後に子供のケンタウロスが出てきて踊っていました。しかもこの踊りのシーンって、ストーリー上は必要不可欠ではない。「ガーティの旅」もこれと同様です。
ガーティ

【関連作品】
ケンタウロス

赤ずきんちゃん(1922年、アメリカ)

 このアニメ作品は、YouTubeで観ました。
http://www.youtube.com/watch?v=CdsxZJ791Xg

配給:ウォルト・ディズニー
原題:Little Red Riding Hood
備考:モノクロ、無声

 ディズニーが童話の「赤ずきんちゃん」を現代風(といっても1922年当時ですが)にアレンジしたものです。狼は人間に、猟師は飛行機のパイロットになっています。
 この作品は1922年の制作ということもあって、絵のクオリティは低いです。いや、天下のディズニーに対して言うのも畏れ多いのですが、それにしたって画質やキャラクターの動き方はひどい。
 おまけに、ドーナツの輪を作るために一々ライフルで穴を開ける(しかも室内で!)というのは、非常識&非効率にもほどがあります。

ケンタウロス(1921年、アメリカ)

 このムービーは、ネットで見れるアニメーション から観ました。

監督:Winsor McCay
原題:The Centaurs

あらすじ…男女のケンタウロスが出会ってチューをする。そして男は女を両親に紹介し、更には子供のケンタウロスが出てきて踊る。

 1921年という「時代の壁」があるんでしょうなあ。馬の足での歩行とか、結構頑張っていますが、それでもやはり稚拙の感は拭えない。
 又、最後にケンタウロスの子供が踊るシーンがあるのですが、その際に大人のケンタウロスたちはなぜか手を上げたまま硬直しています。これはある意味シュールですな。

ケンタウロス

【関連作品】
ガーティの旅

ロビン・フッド(1922年、アメリカ)

 この映画は、Free MoviesでMP4ファイルを落として観ました。
http://emol.org/movies/robinhood/index.html

監督:アラン・ドワン
製作:ダグラス・フェアバンクス
出演:ダグラス・フェアバンクス、ウォーレス・ビアリー
原題:Douglas Fairbanks in Robin Hood
備考:モノクロ、無声

あらすじ…十字軍時代、リチャード獅子心王が十字軍に遠征するが、その隙に王弟ジョンが国政を壟断し、民は重税に苦しむ。そこでハンティングトン伯爵がロビン・フッドとなってシャーウッドの森に立てこもり、大活躍する。

 画質は正直言ってあまりよくないです。
 それはさておき、この映画は無声映画なのですが、説明文の表示が多いですね。チャップリンの喜劇みたいに、身振り手振りだけでわかるものではないので(時代背景の説明など)、これはある程度はやむをえないのですが、無声映画の弱点がいみじくも露呈しているように思います。
 泉獺は英検4級の実力ですので、英語の説明文が次から次へと出てくるのには難儀しました。しかしながら、ロビンフッドの話は有名で、検索エンジンでちょっと調べればすぐにわかります。それさえ読んでおけば筋がわからなくてチンプンカンプンなんて事態には陥らずに済むでしょう。

 上映時間は2時間強と、アクション映画としては長いのですが、歴史モノだと見るならば寧ろ短い、あるいは時代劇と見るならばこれぐらいが妥当なのかもしれません。

 ちなみに、エキストラが多かったです。

ロビン・フッド

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31