無料ブログはココログ

メーベルの誤解(1913年、アメリカ)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/rHXIlXsCxT8

監督:ヘンリー・レーマン
出演:メーベル・ノーマンド、フレッド・メイス、ニック・コグリー
原題:The Bangville Police
備考:コメディ

あらすじ…農家の娘が納屋で不審人物を発見し、警察に通報する。バングヴィル警察の出動だ!

 邦題の「メーベルの誤解」はオチのネタバレになっているんじゃ…。
 ちなみに舞台となるバングヴィル(Bangville)はどこにあるかと思って調べてみたら、どうやら架空の地名の模様。
 それはともかくとして、この作品ではドタバタ劇がテンポよく展開されます。警官(?)たちの慌てっぷりが観ていて面白い。

水のニンフ(1912年、アメリカ)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/A0pRg1u-xds

監督:マック・セネット
出演:メーベル・ノーマンド、マック・セネット、フォード・スターリング、ガス・ピクセリー
原題:The Water Nymph
備考:コメディ

あらすじ…メーベルとその恋人は砂浜に行き、恋人の父親にいたずらを仕掛ける。

 どんないたずらかというと、簡単に言えばハニートラップです。もちろん当時(1912年)の放送コードを考えればそんなに危ないコトにはならない。
 それにしてもこのパパ、旅行では女房同伴なのによく引っかかるなあ。

ロイドの消防士(1918年、アメリカ)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/m808BFwrg4g

監督:アルフレッド・J・ゴールディング
出演:ハロルド・ロイド、スノブ・ポラード、ベベ・ダニエルズ
原題:Fireman Save My Child
備考:コメディ

あらすじ…ある男が消防署主催のダンス会場に潜入し、恋人に会う。だが、彼は恋人の母親と踊っていたので恋人は帰ってしまう。とそこへ、火災の知らせが!

 主演のハロルド・ロイドは有名なコメディアンなので、この作品にも邦題が付いてないかと思って調べてみたのですが、ちょっと見当たりませんでした。そこで彼の作品には「ロイドの○○」という邦題が多いので(私が勝手に)「ロイドの消防士」と名付けました。原題"Fireman Save My Child(消防士が自分の子供を救う)"とは少々離れていますが、物語の後半ではロイドがドタバタしながらも一応は消防士として活躍するのだからタイトルとしては間違ってはいないでしょう。
 さて、ストーリーに話を戻すと、火災現場の建物にはなぜか恋人がいて窓から助けを求めています。なんという偶然、なんというご都合主義! しかも主人公は「僕が彼女を助けたら結婚させて」と恋人の父親に言っています。この状況でそれを言うか。というよりそもそも、他の消防士はなぜ救出のために建物に入らないんだ?

スペードの女王(1910年、ロシア)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/Ls86HEP8MvM

監督:ピョートル・チョルディーニン
出演:ピョートル・ビリウコフ、アレクサンドラ・ゴンチャロヴァ
英題:Queen of Spades
原作:アレクサンドル・プーシキン「スペードの女王」
備考:悲劇

あらすじ…工兵仕官ゲルマンは、アンナ・フェドトブナ伯爵夫人がトランプの賭けの必勝法を知っていると聞き、伯爵夫人の屋敷に忍び込んで聞き出そうとする。だが、伯爵夫人は彼の目の前でこと切れてしまい…。

 原作はプーシキンの短篇小説「スペードの女王」であり、この小説のwikiの記事に書いてあるあらすじを読めば、こちらの映像作品のストーリーも大体わかります。尚、私は原作は未読です。

 それにしても、だ。そもそも伯爵夫人があんな状況(幽霊となって化けて出た状態)で自分を不慮の死に追い込んだゲルマンに本当に必勝法を教えるとは考えられない。日本人の私ならば、怨霊となった伯爵夫人の祟りを警戒するところでしょうな。

 最後に一つ。そもそも、ギャンブルの必勝法なんてあるんですかね。ギャンブルの必勝法を(有料で)教えます、なんていう詐欺事件をたまに聞きますし、もし仮に本当にあったとしても私なんかの手には負えないでしょうな。

シンデレラ(1911年、アメリカ)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/8t3MD3Lg_KY

監督:ジョージ・ニコラス
出演:フローレンス・ラ・バディー、ハリー・ベンハム、アンナ・ロズモンド
原題:Cinderella
備考:ロマンス

あらすじ…シンデレラは妖精のおばあさんの魔法で美しく着飾り、宮殿のダンスパーティーに出る。

 有名な昔話なので皆さんもストーリーはご存じのことと思います。実際、大筋は一般的に知られているものと同じです。
 ただちょっと気になったのは、宮殿という割にはダンス会場がちょっと手狭な感じがするということです。まあ、スタジオの制約とかがあったんでしょう。

スランバー山の幽霊(1918年、アメリカ)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/boDiGooHbKw
https://youtu.be/uvB3Oao0pfk

監督:ウィリス・オブライエン
出演:ハーバート・M・ドーリー、ウィリス・オブライエン
原題:Ghost of Slumber Mountain
備考:アドベンチャー

あらすじ…ジャック・ホームズおじさんが甥っ子たちに、スランバー山の森林地帯を探検した時の冒険談を語る。

 少々調べたところ、本来は40分ほどあったフィルムが失われ、今残っているのは19分に再編集したものだとのこと。とはいえ、これはこれで話は完結しているのでそれなりに楽しめなくはない。

 さて、この作品の幽霊ですが、主人公(ホームズ氏)に声をかけて山頂に導きます。そしてそこで彼が見たものは…! ぶっちゃけて言うと、恐竜たちがヌルヌル動きます。
 それから、最後のオチがちょっとひどい。

マスグレーヴ家の儀式(1912年、イギリス)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/xg9Szsobqv8

監督:ジョルジュ・トレヴィル
出演:ジョルジュ・トレヴィル
原題:The Musgrave Ritual
仏題:Le trésor des Musgraves
原作:アーサー・コナン・ドイル

あらすじ…シャーロック・ホームズは旧友のレジナルド・マスグレーヴから依頼を受けてマスグレーヴ家に赴く。

 フランス語字幕ですが、設定で英語字幕を出すことができます。

 さて、原作小説との違いですが、この映画では女中(小説ではレイチェル・ハウェルズ)は失踪しておらず、彼女の自供によって犯行が明るみに出て宝が見つかるという形になっています。
 これによってシャーロック・ホームズの推理する部分が減ってしまっているのは残念。とはいえ、犯人逮捕と宝の発見には成功しているのだから探偵としての仕事は果たせているか。

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

大虐殺(1912年、アメリカ)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/h5rSAJ9Fw7I

監督:D・W・グリフィス
出演:ウィルフレッド・ルーカス、ブランチ・スウィート、チャールズ・ウェスト
原題:The Massacre
備考:西部劇

あらすじ…軍の斥候兵スティーヴンは、とある女性に求婚するが、彼女には愛する男がいた。スティーブンは諦めて軍に帰営する。そしてその女性は愛する男と結婚し、子供も産まれる。一家は移住しようとキャラバンに参加する。そこに軍の護衛が付くが、その中にスティーヴンがいた。その頃、軍に村を襲撃されたインディアンが復讐の機会をうかがっていた…。

 アメリカの西部開拓時代を描いた作品。
 後半、開拓者一団がキャンプしているところへインディアンが奇襲攻撃をかけるのですが、開拓者たちがバタバタと倒れて行くさまは壮烈です。もちろん、この映画では彼ら白人ほどには注目されていませんが、インディアンたちも次々に死んでいます。
 死屍累々とはこのことか。

トロイア陥落(1911年、イタリア)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/gauR-tVtwPE

 Vimeoでも観られます。
https://vimeo.com/80888872

監督:ルイージ・ロマーノ・ボルグネット、ジョヴァンニ・パストローネ
出演:ルイージ・ロマーノ・ボルグネット、ジョヴァンニ・カサレッジオ、マダム・ダヴェスネス
原題:La caduta di Troia
英題:The fall of Troy
備考:ギリシア神話

あらすじ…スパルタ王メネラオスの留守中に、トロイアの王子パリスとスパルタ王妃ヘレネが恋に落ち、二人はトロイアへ駆け落ちする。トロイア戦争の勃発だ!

 イタリア映画なので字幕は全てイタリア語ですが、YouTube版では英語の字幕が出せるし、Vimeo版でも英語の字幕が最初から付け加えられています。又、イタリア語も英語もわからなくても、トロイア戦争のストーリーが頭に入っていれば大体わかると思います。

 それから、パート1の最後の戦闘シーンでは梯子をかけての攻城戦が展開されます。このシーンはなかなか壮観ですが、よくよく見ると梯子が一つしかない。それっぽっちでよく攻略しようとしたものだ。
 又、パート2の冒頭からいきなり例の木馬が映っています。…ん? ちょっと待てよ。だとすると、この時点で既にヘクトルやアキレウスは戦死しているはず。どうやら、彼らの活躍は省略された模様。
 とはいえ、最後のトロイア陥落のシーンでセットの柱が崩れる様はなかなか面白い。

ぶな屋敷(1912年、フランス)

 この無声映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/uMgoNx-vv40

監督:アドリアン・カイアール
出演:ジョルジュ・トレヴィル
原題:The Copper Beeches
原作:アーサー・コナン・ドイル

あらすじ…ルーカッスル氏は前妻との間に産まれた娘の財産を横取りしようと企む。

 冒頭でいきなりルーカッスル氏が娘を監禁するという、事件のネタバレをやらかしてくれています。サイレント映画だと依頼人(この場合はバイオレット・ハンター)の長い話は都合が悪いのかもしれません。
 というわけで、シャーロック・ホームズが登場するのは後半になってから。
 ちなみにワトスンは出てきません。でも、そのせいでホームズが一人推理している時の彼のオーバーリアクションがシュールに見えてしまいます。

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31