無料ブログはココログ

『intoxicate #125 2016 December』タワーレコード

 映画「スノーデン」の記事(P40-41, 文=北小路隆志)を発見。スノーデン事件からもう3~4年は経つのか。いや、まだそれぐらいしか経っていないと見るべきでしょうかね。

 それから、「溝口健二&増村保造 映画祭 変貌する女たち」の記事(P54, 文=冨永昌敬)も発見。
 溝口健二監督作品ならば「新・平家物語」、増村保造監督作品ならば「陸軍中野学校」をかろうじてレビューしておりますが、彼らの作品数に較べると寂しい限りです。まあ、気になった作品があればそのうち観ておこうかな。

intoxicate #125 2016 December

ポケモンGOの復讐 ドッキリ!(2016年、オーストラリア)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/VHBzFNIo-qE

出演:ジャラルス
原題:THE REVENGE POKEMON GO - PRANK!

あらすじ…ピカチュウがポケモンハンターに復讐する。

 どんな復讐をするかというと、パイ投げ。おいおい、ピカチュウだったら電気でビリビリやるんじゃないのかよ。

 ちなみにこのジャラルスという人の他の動画を観ると様々なドッキリをやっています。アラブ人の爆弾魔なんてシャレにならないものも。

『紀州浪漫 2016 WINTER 冬号 Vol.59』和歌山県観光連盟

 P3に全裸の入浴写真あり。ただし男だけどな! あ、でも、ホモにとっては…いや、何でもないです。
 それはさておき、P3は白浜町の崎の湯というところで、海を眺めながらの露天風呂です。水平線や波しぶきを眺めつつ温泉につかるとはねえ。

紀州浪漫 2016 WINTER 冬号 Vol.59

ニコラス街の悪夢(2016年、アイルランド)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/NNVSYp802ls

出演:スティーヴン・オゴーマン、タイロン・プライス、ケルシー・クイン
原題:Nightmare on Nicholas Street

あらすじ…若者たちが集まってクスリをキメる。

 啓発ビデオ。麻薬がいかに恐ろしいかを若者向けにアピールする作品です。
 ですので、クスリをキメたラリパッパの彼らには、この後ロクなことが起きません。御愁傷様です。

『TSUTSYA CLUB MAGAZINE 2017 2 vol.253』TSUTSYA

 「飛びぬけアワード」(P54-58)にサメ映画「シン・ジョーズ」なる作品を発見(P58)。タイトルが明らかに「シン・ゴジラ」を意識してますな。
 「核実験から生まれたこの怪物は、まさに海のゴジラ!」(P58)という文句からどうしてこんなタイトルになったのかわかろうというものです。

TSUTSYA CLUB MAGAZINE 2017 2 vol.253

ライト・アウト(2013年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/FUQhNGEu2KA

監督:デーヴィッド・F・サンドバーグ
出演:ロッタ・ロステン
原題:Lights Out
備考:ホラー

あらすじ…夜、女性が寝ようとライトを消すと、そこに何かいる。だが、ライトを着けると消えてしまう。こいつは一体…!?

 2016年公開のホラー映画「ライト/オフ」の元になった作品。わずか3分弱の長さですが、怪異の特徴をうまく伝えています。又、テンポがいいので体感としては2分くらいに感じました。
 尚、ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、最後はビビりましたわ。

『METROPOLIS December 2016』メトロポリス

 「MOVIES」(P12, ドン・モートン)にて7本の映画を紹介。タイトルは以下の通り。

ANTS ON A SHRIMP(ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た)
JACK REACHER: NEVER GO BACK(ジャック・リーチャー NEVER GO BACK)
EVERYTHING WILL BE FINE(誰のせいでもない)
A BIGGER SPLASH(胸騒ぎのシチリア)
MISS YOU ALREADY(マイ・ベスト・フレンド)
STORKS(コウノトリ大作戦!)
EVERYBODY WANTS SOME!!(エヴリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に)

 こうして英題と邦題を見較べてみると、邦題を決める際に明らかに手抜きしているなと思えるようなものもあるし、あるいは長い邦題で映画の内容を何とか伝えようとしているものもありますな。

METROPOLIS December 2016

クローゼットの空間(2016年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/5fje6_ou5RY

出演:デーヴィッド・F・サンドバーグ、ロッタ・ロステン
原題:Closet Space
備考:ホラー

あらすじ…とある女性が、引っ越してきた先のクローゼットの怪現象を発見する。それは、クローゼットに入れたものが倍々に増えていくというものだった。

 55秒ほどたったところで人形が登場。実に怖い人形で、よくもこんなものを飾っているものだと思わないでもない。まあ、この女性がそういう趣味の持ち主なんでしょう。
 それにしても、最後は一体どういうことなのか、よくわかりませんな。

『DRAGON BALL スタンプラリー』JR東日本

 2017年1月10日(火)~2月27日(月)開催。
 このスタンプ帳には各キャラクターの簡単な解説が書かれており、それを読んでいるだけでも楽しい。例えば天津飯(P9, 恵比寿駅)は「種族:三つ目人(宇宙人)」とあり…って、あいつ宇宙人だったの!? それから、バブルス君(P10, 大久保駅)の「必殺技・特技:逃げる」って、そりゃあ確かに悟空の修行では逃げてたけどさ。

バブルス

DRAGON BALL スタンプラリー

【関連記事】
ドラゴンボール エヴォリューション
ドラゴンボールZ:人類の堕落

恐怖のポケモンGO(2016年、アイルランド)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/P-hTImSDA9k

監督:マーティン・オニール
出演:パトリック・ハンリー、マーティン・オニール、マーティン・オフラハーティ
原題:Pokemon Go (Short Horror Movie) 2016 4k
備考:スプラッターホラー、個人的にR15

あらすじ…殺人鬼が人肉を食べている家に、二人のポケモンGOプレイヤーがやってくる。

 グロ描写注意。特に食事時にはご覧にならない方がいいです。
 それにしても、こんなところにレアポケモンなんて出るんですかねえ。まあ、ポケモンにしてみれば、こういう殺人鬼がいるところだとポケモンハンターに捕まえられずに済みそうではある。

『My Favorite KAWAGOE・SAITAMA』JR東日本

 外国人観光客向けの英文パンフレット。埼玉県の川越、大宮、浦和の観光スポットを取り上げています。
 神社仏閣や土産物店はわかるのですが、大宮の鉄道博物館(P11)も載っているのはこれいかに。あ、でも、海外の鉄道好きがやって来るのか。

My Favorite KAWAGOE・SAITAMA

日本の自殺の森(2011年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/4FDSdg09df8

出演:早野梓
原題:Suicide Forest in Japan
備考:ドキュメンタリー

あらすじ…日本の自殺の名所・青木ヶ原の樹海を探訪する。

 英語の作品ですが、ガイドの日本人(早野梓)の解説が日本語なので、英語がわからなくても(日本語がわかれば)大丈夫です。
 それにしても、テントや遺書を見て、早野氏は「まだ自殺を迷っている」と推理しています。又、他にも様々な痕跡から推理を展開しており、まるで探偵みたいです。もちろんそれだけの観察と経験の蓄積があるからできることなのでしょう。

 尚、自殺者の死体が登場するのでご注意を。

«『Cinema Trip Vol.02 2016』株式会社エイガウォーカー

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30