無料ブログはココログ

『NIKKO is NIPPON』JR東日本・東武

 表紙を飾るのは雪が降り積もった日光の神橋。とても寒そうです。
 これはこれで興趣をそそられるものがあるにはあるのですが、私には寒すぎてとてもじゃないが行けやしない。ただ、もしも行くのならば、防寒対策をしっかりやらねばなりますまい。

NIKKO is NIPPON

怪談(1965年、日本)

監督:小林正樹
英題:Kwaidan
原作:小泉八雲
備考:ホラー、カンヌ国際映画祭審査員特別賞

 4話のオムニバス。よって、出演者やあらすじは各話の項目にて記述します。

「黒髪」
出演:三國連太郎、新珠三千代、渡辺美佐子

あらすじ…昔、ある武士が長い黒髪を持つ妻を捨てて新しい妻と結婚し、遠い地へ赴任する。だが、彼は先妻のことが忘れられなかった。そして任期が明けて先妻と暮らしていた屋敷に戻ってみると…。

 この話の原作のタイトルは「和解」というのですが、私はどうにもこの作品を思い出せない。その代わりに想起したのが上田秋成の『雨月物語』で、調べてみると『雨月物語』の「浅茅が宿」が同じモチーフでした。
 さて、この映像作品の特徴は、主人公の男が目を覚ました後の怪異描写が色々と続くということです。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、この執拗さと結末は原作のタイトル「和解」とは程遠いものとなっています。

「雪女」
出演:仲代達矢、望月優子、浜村純

あらすじ…茂作と巳之吉という二人の木こりが雪山の小屋で夜を過ごすことに。とそこへ雪女がやってきて茂作の命を奪い、若い巳之吉に自分のことは誰にも口外せぬようにと言って去る。そして一年後…。

 雪山の背景が書き割で、しかもそれには幻想的なところがあり、まるでSFの舞台劇を観ているかのようです。それから、空中に描かれている奇妙な「もの」をよく見ると、どうやら目らしい。これは「何か」が巳之吉らを見ているということでしょうか。

 あと、主演が仲代達矢だということは観終わった後に気付きました。いやあ迂闊迂闊。二度目に視聴した時、彼の驚いた顔を見ると確かに仲代達矢だとわかりましたわ。

「耳無し芳一」
出演:中村賀津雄、丹波哲郎、志村喬、田中邦衛

あらすじ…琵琶法師の芳一は夜毎にどこかへ出かける。不審に思った寺の者が調べると、彼は平家の亡霊たちに取り憑かれていた!

 4話の中で一番長大な作品。出演者も多いです。お、中村敦夫も出てるぞ(平教経役で、中村敦雄の名でクレジット)。
 それにしても、琵琶法師の弾き語りを聴かせてくれるのはありがたい。あの世とこの世が交錯するような描写と相まって、幻想的、それもダークファンタジーに近い雰囲気が味わえます。

「茶碗の中」
出演:中村翫右衛門、仲谷昇、滝沢修

あらすじ…関内という武士が茶碗の水を飲もうとすると、茶碗の中に男の顔が。茶碗や水を取り換えてもその男は出現する。そこで関内は思い切ってその水を飲む。その夜、関内の前にその男が現われ、式部平内と名乗る。

 茶碗の中の式部平内の眼射しがゲイ的じゃないかと思えてきました。即ち、平内は関内に「ウホッ」となっているというわけです。
 ちなみにどうしてそんなことに気付いたのかというと、私が以前視聴した「ホモのバットマン」のバットマン(ここではホモという設定)の表情にどこかしら似ていたので「あっ…(察し)」となった次第。
 尚、この話について後で調べてみると、原話は『新著聞集』の「茶店の水椀若年の面を現ず」というもので、衆道の話らしい。とすると、原話の衆道要素がここに入り込んできているということか。

『Gradito Vol.38/2016 Christmas Special 11.16』サンケイリビング新聞社

 表紙右側にイチゴの塔のようなものがありますが、本紙P05の「ロマンチック ノエル・マジック」という記事によるとこれはブーランジュリーシナガワの「Shine2016」というクリスマスケーキらしい。変わった形だなあ。

Gradito Vol.38/2016 Christmas Special 11.16

無料DVD 2016年冬版 TSUTSYAオススメ アジア作品ガイド(2016年、日本)

 近所のTSUTAYAにてレンタル。ドラマの予告篇を集めたもの。予告篇とはいえ、51本もあるので2時間ほどの長さになっています。
 ちなみにその51本中、中国ドラマは「武則天-The Empress-」「琅邪榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」の2本だけで、それ以外の49本は全て韓国ドラマ。韓流が圧倒的です。
 TSUTAYAの韓流ドラマ推しがどのようなものか、この一事をもって知るべし。

 さて、それでは私は今後、これらのドラマを視聴してレビュー記事を投稿するかというと、条件付きでイエス。その条件とは、お試し版として第1話を無料で観られるならば、というもの。
 実際、当ブログでもそうやって視聴した作品のレビュー記事が何本かありますからね。例えば「スーパーガール」とか「美男バンド」とか…。

『みさきまぐろきっぷ 食事券付』京急電鉄

 「みさきまぐろきっぷ」のガイド。タイトルに「食事券付」とありますが、こちらの冊子には食事券は付いておらず、「みさきまぐろきっぷ」を購入した際に付いてくるとのこと。
 それでは食事券で何が食べられるのかというと、マグロ、マグロ、マグロ…。マグロだらけです。

みさきまぐろきっぷ 食事券付

蠢動-しゅんどう-(2013年、日本)

監督:三上康雄
出演:平岳大、若林豪、目黒祐樹、中原丈雄、さとう玉緒、栗塚旭、脇崎智史
英題:BUSHIDO
備考:時代劇

あらすじ…因幡藩。幕府から派遣された剣術指南役の松宮は藩の内情を探っていた。それを察知した城代家老の荒木は…。

 登場人物たちのセリフがやけに説明口調なのが気にかかりました(まるで三池崇監督作品みたいだ!)。その程度の事情なら聞いてる方も充分知ってるはずだから、わざわざ言うのも不自然だろうに、というのに何度か出会(でくわ)しました。
 もちろん観客に背景や込み入った事情を知ってもらうのは重要なことです。ですので、不自然にならない程度の説明を工夫して入れた方がいい。例えば城代家老の荒木が若侍に「そちは若いから知らないのだろうが、実は…」と言って何らかの真相を語るシーンを入れてもいい。

 とはいえ、この地味で渋い作風は時代劇としてはなかなか味があるし、クライマックスの雪原の殺陣(たて)に至っては壮絶で見応えがあります。雪の上の殺陣と言えば市川雷蔵の「薄桜記」も凄かったですが、こちらはこちらで泥臭さがあって面白い。

『自然と遊ぼう 城ヶ島』神奈川県

 神奈川県立城ヶ島公園のパンフレット。
 この中に花カレンダーなるものが掲載されているのですが、1月と2月にはスイセンが咲くとのこと。ただ、その次の3月には何もないのでご注意を。あ、でも、花以外にも岩とか灯台とか見所はあるか。

自然と遊ぼう 城ヶ島

SHERLOCK(シャーロック):シーズン1 第2話「死を呼ぶ暗号」(2010年、イギリス)

監督:ユーロス・リン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン、ゾーイ・テルフォード、ジェンマ・チャン
原題:Sherlock: The Blind Banker
原作:アーサー・コナン・ドイル「恐怖の谷」「踊る人形」
備考:ドラマ

あらすじ…投資銀行の前会長の部屋で落書きと思しきものが残される事件が発生。シャーロック・ホームズは、それがトレーダーのヴァン・クーン氏宛のメッセージだと突き止め、ジョン・ワトソンと共にヴァン・クーン氏の自宅へ行くが、彼は既に死んでいた。

 物語の冒頭、シャーロック・ホームズは刺客に襲われています。ストーリーの本筋とは関係ないのであらすじからは省きましたが、どうやらこういったこともホームズの日常生活の1コマとなっているようです。危ない橋を渡っているなあ。
 それから、ワトソンが帰宅した時にホームズはワトソンのパソコンを(勝手に)使っていますが、パスワードはどうしたのかと問われると推理したのだという。
 自分の誕生日や家族の名前などをパスワードに設定している人がいますけど、それだとSNSの情報などから類推されてしまう危険があります。ワトソンもその類だったのか、あるいはその程度の心得はあって別の言葉をパスワードに設定していたのか、それはわかりませんが、いずれにせよホームズにはお見通しだったということです。怖いなあ。

 さて、今回は暗号解読がメインテーマになっていて、原作とされる二作品でも暗号解読が出てきます。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、脅迫と落書きの要素は「踊る人形」から、本を使うのは「恐怖の谷」からと、両者をうまく融合させています。
 ですので、両方の原作を充分に読んでいる人でも、この部分は充分に楽しめるのではないでしょうか。

 それから、物語の最後に、ある人物がチャットで登場。それが誰かは伏せておきますが、黒幕の大ボス感を漂わせています。

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

『CHRISTMAS CHEERS!』エキュート品川 サウス

 クリスマスケーキのカタログ。
 これを読んでいる時点でクリスマスはとっくに過ぎていますが、そういえばクリスマスケーキは食わなかったな。

CHRISTMAS CHEERS!

無宿人別帳(1963年、日本)

監督:井上和男
出演:佐田啓二、岡田茉莉子、田村高廣、長門裕之、三國連太郎、中村翫右衛門、渥美清
原作:松本清張
英題:Eacape from Hell
備考:時代劇

あらすじ…江戸時代。佐渡の金山に無宿人たちが運ばれてくる。だが、元々苛酷な労働環境に加え、奉行所からの無茶な命令により死傷者を出し不満が爆発。遂に集団脱走の挙に出る。

 群像劇。ここに出てくるのは無宿人たちのみならず、新任の佐渡奉行、彼の腹心とその妻、出世を目論む小役人、悪徳商人なども各自うごめいています。
 彼らを一々追いかけていたら、一回の視聴だけでは全然足りない! というわけで、ここでは数人に絞って述べることにします。

 まずは渥美清。映画「男はつらいよ」シリーズ以外で彼を見かけるのは珍しく、新鮮です。いえね、彼の長いキャリアの中では他にも数多くの映画に出演しているんですけど、あいにくと観る機会がなかったんですよ。
 で、この作品では無精ひげの無宿人(役名は市兵衛)を演じているのですが、あの顔は不変なので一発でわかりました。

 次に三國連太郎。彼は下役の無宿人(役名は新平)で、最初は目立たない。中盤で悪徳商人から接待を受けるくだりでようやく三國連太郎だと気付きました。
 又、詳しく言うとネタバレになるので明かせませんが、脱出がうまく行かず追い詰められるにつれて、新平は人間の醜悪な部分をどんどん出してきます。これはえぐい。

 最後に、田村高廣演じる佐渡奉行・横内主膳。着任早々に金山の不正を見抜いたことから、それなりに優秀なのでしょう。しかし現場を無視した無茶振りで結局はそれが大惨事へとつながります。ただの無能より性質(たち)が悪い。
 とはいえ、これくらいひどくないと話が盛り上がらないか。

【松本清張原作の映画】
霧の旗(1977年)
張込み(1978年)

『Mono-map vol.14』JR東日本

 東京モノレール沿線ガイド。浜松町~羽田空港の沿線地図をチェックしてみると、東京タワーや増上寺、しながわ水族館などが掲載されていました。
 東京タワーや増上寺は行ったことがありますけど、それらへは東京モノレールじゃなくて別の鉄道を使って行きましたわ。あの近辺は鉄道が入り組んでいますぜ。

Mono-map vol.14

失恋殺人(2010年、日本)

監督:窪田将治
出演:宮地真緒、柳憂怜、大浦龍宇一、草野康太、星野真理、山田キヌヲ
原作:江戸川乱歩「妻に失恋した男」
備考:R-18、サスペンス

あらすじ…歯科医の琴浦が探偵・明智小五郎のもとを訪れ、友人の妻・みや子の素行調査を依頼する。しかし実は、みや子と不倫していたのは琴浦その人だった!

「失恋殺人」人物関係図

 本作は窪田将治監督の江戸川乱歩エロティックシリーズの第一作で、現時点で公開されている同シリーズの他の二作品(「D坂の殺人事件」「屋根裏の散歩者」)に較べると原作が実にマイナーです。かく言う私も、原作を(読んでいるはずなのに)すぐには思い出せませんでした。

 さて、物語の序盤を観て疑問が一つ。琴浦は自分がみや子と不倫しているのに、なぜみや子の素行調査を探偵に依頼したのか? 愚考するに、探偵の影をちらつかせることでみや子の自重を促し、彼女と距離を置こうとしたのではないでしょうか。
 もちろんそんなことで物事がうまく行くならサスペンスとしては盛り上がらない。というわけで、二人の関係はもっとドロドロの深みにはまって行きます。業が深いですねえ。

 ところで、原作では殺害のトリックがわからなくて苦労するという展開だったはずです。しかし、この「失恋殺人」では確かに原作通りの方法で殺してはいるものの、それを終盤近くに持ってきていて、探偵役が推理考察するいとまもなく話が展開しています。
 おいおい、せっかく明智小五郎という名探偵を出しておきながら、推理で活躍させないなんてもったいないですぞ。
 ちなみに小五郎の妻・文代が素行調査をするのですが、妙に明るくてウザいです。しかもその仕事の成果となると…。

 最後に一つ。
 中盤で琴浦が南田収一に歯の治療をしようとする時、南田に目隠しをして、彼の首筋にメスを突きつけるシーンが出てきます。これは琴浦が南田に殺意を抱いていて、しかも南田はそれに気付かないということを示しています。
 ここはちょっと怖い。

【関連記事】
D坂の殺人事件(2015年)
江戸川乱歩(目次)

«『川崎ぴあ ~多摩・麻生編~』小田急電鉄株式会社

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31