無料ブログはココログ

『小さな和散歩 京王百草園』京王電鉄

 京王百草園のパンフレット。京王百草園にて入手。
 京王線百草園駅から百草園へ行く道は曲がりくねった上り坂となっていて、正直言ってちょっときつい。と思ったら、こちらのパンフレットの「交通のご案内」に小さく、「※百草園駅から当園までの間には途中急坂があります」とありました。たしかにあれは急坂です。
 それから、私が百草園に行った時に入口は無人で、料金箱が置かれていました。もちろん入園料300円は払っておきましたぞ。
 さて、百草園の中に入ってみると、植物だらけ。又、中央に位置する松連庵がちょっとした売店になっています。
 ああそうそう、松連庵に記念スタンプがあるので、これを押しておくのを忘れないように。

小さな和散歩 京王百草園

『電車で行く花めぐりスタンプラリー2019』京王×京成

 京王線と京成線がコラボしたスタンプラリー。2019年2月9日(土)~6月30日(日)開催。
 スタンプ設置場所は花を鑑賞する施設の敷地内に設けられているところもあれば、駅の改札外・改札内にあるところもあって、注意が必要です。又、休演日にうっかり行ってしまわないよう、これまたご注意を。
 ちなみに、京王百草園のスタンプは百草園中央に位置する松連庵にありましたぞ。尚、百草園については百草園のパンフレットのレビューの形で述べさせていただきます。

電車で行く花めぐりスタンプラリー2019

テネシー州ノックスヴィルでチュパカブラ発見?(2019年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/cDeGjgirW6Y

原題:REAL Chupacabra Found In Knoxville, TN?

あらすじ…デブ2人がチュパカブラを探しに行く。

 冒頭の映像や画像を見ると、これってコヨーテじゃないですかね。ついでに言っておくと、動画ページのコメント欄にもコヨーテだという指摘が幾つも見受けられます。
 それから動画の最後に、2人が仕掛けたカメラの映像の抜粋が出てきますが…。なんかもういいや。お疲れ様でした。

『DISCOVER NEXT TOKYO Vol.12 2018 WINTER-2019 SPRING』

 外国人観光客向けガイド。英語、中国語(繁体字)、タイ語で表記。
 京王沿線の観光スポットを取り上げているのですが、その中の高尾山の記事(P3-6)に注目。4月に高尾山に登ってきたので、ついつい目に留まってしまった次第。
 さて、この記事の中で土産物店として高尾山スミカ(P3)が載っています。あそこはシャレオツな感じがしてそれはそれで結構なのですが、土産物なら表参道(P5)の方が充実しています。かく言う私も、表参道で土産(漬物)を購入しました。

DISCOVER NEXT TOKYO Vol.12 2018 WINTER-2019 SPRING

『TOKYO TREND RANKING 2019 4』東京地下鉄株式会社 株式会社ぐるなび

 「ちょっとマニアなミュージアム10」(P09)のランキング2位に東京工芸大学杉並アニメーションミュージアム(東京都杉並区上荻3-29-5)がランクイン。ここには何年か前に行ったことがありますが、建物がボロかった印象が残っていますな。
 それはさておき、ランキングには他にもアドミュージアム東京(1位)や刀剣博物館(5位)などもあるのですが、そちらへはまだ行ったことがありません。ミュージアムにはいろいろ行ったと思っていたのですが、私もまだまだ…といったところか。

TOKYO TREND RANKING 2019 4

パシフィコ横浜 ノース 紹介ビデオ_日本語(2018年、日本)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/V-jnbQxe6jg

あらすじ…パシフィコ横浜ノースを紹介。

 タイトルに「日本語」と銘打っていますが、音声は英語(日本語字幕表示可)。
 それはさておき、パシフィコ横浜は正式名称は横浜国際平和会議場といい、国際会議場、展示ホール、ホテルかならなるコンベンション・センター(複合施設)で、その中のパシフィコ横浜ノースは2020年春開業予定の施設です。
 さて、映像を観ると、当然のことながらこの時点ではまだパシフィコ横浜ノースは出来あがっていないので、CGで描いています。0:53あたりのモブの通行人たちが、いかにもモブっぽい作りになっていますな。

『世田谷文学館ニュース No.71 2019.4』公益財団法人 せたがや文化財団

 世田谷文学館(東京都世田谷区南烏山1-10-10)の広報誌。
 表紙を飾る絵のタイトルは『動という名の静(死)のサイボーグ009』。『サイボーグ009』の絵です。
 で、左下の隅にうずくまっているのが作者の石ノ森章太郎。こんな自画像を描くということは…ああ、こりゃ精神的に病んでるのかな?

世田谷文学館ニュース No.71 2019.4

【補足情報】
 世田谷文学館では2019年4月20日(土)~6月30日(日)、企画展「萬画家・石ノ森章太郎展 ボクは、ダ・ビンチになりたかった」を開催。本誌P8-9にその企画展の記事あり。

【関連記事】
萬画家・石ノ森章太郎展(世田谷文学館)(日記)

廃校で肝試し:こんなことになるとは!(2019年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/caOK21BlzBA

原題:Haunted School ( We Didn't Expect This! )

あらすじ…夜の廃校で肝試しする。幽霊に何度となく呼びかけるが…。

 床にはごみが散乱しているし、壁の落書きがひどい。不良どもに相当荒らされているようです。
 それから、この映像は夜間に撮影していますが、照明が強力で充分に明るいので、そんなに怖くはないです。

『SENSE UP LEE Spring 2019』集英社

 「コーヒーが美味しくなる家電」(P8-9)という記事では全自動コーヒーメーカーを掲載。豆を挽くところからやってくれるとか。
 さて、ここでふと思ったのですが、自分のハンドドリップと、これらの全自動コーヒーメーカーと、いずれがおいしいコーヒーを淹れられるのだろうか? 自分でコーヒーを淹れて飲む者としては、そんなことが気になります。

SENSE UP LEE Spring 2019

【コーヒー映画】
ア・フィルム・アバウト・コーヒー

【ゴーストタウン】閑散とした天王洲アイル!!(2019年、日本)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/DD4Yrg4MAwM

製作:航空・都市開発密着チャンネル

あらすじ…休日の閑散とした天王洲アイルを探訪。

 天王洲アイルは品川駅の東に位置しています。その立地でこれだけ人がいないとは意外ですな。
 見たところオフィスビルばかりだから、休日は閑散としているものと思われます。休日に人が訪れるような商業施設でもあれば違ってくるんでしょうけど。

『2019 SPRING 高尾・陣馬スタンプハイク』京王電鉄

 2019年4月1日(月)~5月31日(金)開催。高尾・陣馬の各所でスタンプを集めて応募すると、抽選で賞品をプレゼントするというものです。
 ところで、応募には3つのコースがあるのですが、私の見るところ、

(1)5スタンプコース:一般向け
(2)Mt.石井スポーツコース:中級者向け
(3)パーフェクトコース:上級者向け

 となっています。もちろんこれは登山をしない者の一人としての目線なので、登山家なら難易度がもっと低く見えていることでしょう。

 さて、今回私は(1)5スタンプコースを集めてきました。その証拠として記事末尾に表紙と併せてスタンプ押印欄を掲載しておきます。
 ちなみに私の場合、京王線高尾山口駅をスタート兼ゴール地点として、3~4時間くらいは歩きました。高尾山薬王院への参拝や東京都高尾山ビジターセンターの見学、土産物探索(漬物を買いました)を含めてこれくらいはかかったということです。

2019 SPRING 高尾・陣馬スタンプハイク

【山映画】
狂気の山脈 アニメ版
クライマーズ・ハイ
ダーク・マウンテン(1944年)
八甲田山

北海道青池(2019年、日本)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/wzAKql2Grg8

あらすじ…北海道の青池(青い池)を撮影。

 動画内にも動画ページの説明文にも説明がなかったので少々調べてみると、これは北海道美瑛町にある青池で、砂防工事によってこんな池ができたのだとか。
 青すぎて毒々しさすら感じられますな。

«『Hostelling Magazine vol.16/2019 Spring』一般財団法人 日本ユースホステル協会

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31