無料ブログはココログ

コーエンが明らかにしたトランプ財務諸表の内側(2019年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/lSBu9xqm1NY

出演:デーヴィッド・A・ファーレントールド
原題:Inside the Trump financial statements that Cohen unveiled

あらすじ…マイケル・コーエンが議会で証言し、トランプのスキャンダルを明らかにした。

 2019年2月27日、トランプの個人弁護士だったマイケル・コーエンが議会で証言し、そこで色々なことが暴露されました。こちらの動画作品ではドイツ銀行の不正融資疑惑について取り上げています。
 解説は訳文の後に書くとして、まずは拙訳をどうぞ。

【拙訳】
(2004年、「ハワード・スターン・ショー」)
?「あなたはご自分が13億ドルの資産を持っていると主張している」
トランプ「いやいや…60億ドルの資産を持っていると主張してるんだ。それに『フォーブス』は私が25億ドルの資産を持っていると主張している」
(2011年)
トランプ「自己資本は70億ドル以上だ」
(2013年)
?「それで、いくらなんですか? あなたの現在の資産は?」
トランプ「多分100億ドル以上」
デーヴィッド・A・ファーレントールド「長年の間、トランプは取引をしたい、もしくは誰かに自分が金持ちだと印象付けたい時に、この『財政状態の声明』と呼ばれるものを送っていました。それはドナルド・トランプと商売をする際に彼についてあなたが知る必要のある全てのことを教えてくれることになっていました。彼がいくら金を持っているか、彼の資産はどのくらいの価値があるか、どんな種類の債務を持っているか、です。マイケル・コーエンが2月に議会で証言した時、これら3つの文書を持ってきました。彼曰く、3つの文書は全て、トランプの最大の多額の貸し手の一つであるドイツ銀行に送られたものであり、そして2014年にNFLのバッファロー・ビルズ買収の入札に失敗したことに関するものである、と」
(2月27日)
コーエン「私はこれらの数字は大げさだと信じています」
ファーレントールド「2011年と2012年の声明はトランプの会計士ワイザー・マザースによる前書きが付いています。そこでは、基本的に、会計士として本当にこれを信頼すべきではないと言っているのです。ここには私たち会計士が監査していないたくさんのことがあります。ここにはトランプだけが除外したたくさんのことがあります。彼のもっとも重要な建物のうちの2つ、シカゴのトランプホテルとラスベガスのトランプホテルは、それらの声明にはありませんでした。おそらく彼らはそのような高い債務を持っていたので、財産の一覧から消去したのかもしれません。こう思うかもしれない、『ええと、詐欺じゃないだろ、だって会計士が人々にこれは不正確だと警告しているんだから』と。ですが我々が発見した面白いことは、会計士の前文には記載されていなかった多くの不正確さがある、ということです。ある種の重要な事実の表明です。例を挙げると、カリフォルニアにおいて、トランプはロサンゼルス郊外にある自分のゴルフコースでは55軒の分譲住宅を販売準備中であると言っています。実際には、それと同じ時期の数字は31軒でした。そして彼は、それらの住宅地が売れた時にそれぞれが少なくとも300万ドルをもたらすことができると言ったので、トランプはその権利がないにもかかわらず7000万ドル以上も多くのキャッシュフローを主張していることになります。彼はバージニア州に2000エーカーのブドウ園を持っていると言っています。本当は1200エーカーなのに。彼はニューヨークの68階建てのトランプ・タワーは自分の最も重要な資産の一つだと言っています。本当は58階建てです。トランプはトランプ・ワールド・タワーは90階建てだと言っています。実際は72階建てです。彼はそれらのことについてあなたたちを誤解させるので、彼はそれらの資産から生じうる将来のキャッシュフローについて誤解させるのです」
?「緊急速報。民主党の調査が大統領の財務に及びました」
?「捜査官からの活動です」
?「ニューヨーク州の司法長官は今日、ドイツ銀行に召喚状を発行しました」
?「(ドイツ銀行は)彼にお金を貸しても構わないと思っていた唯一の銀行でしょうか? その銀行はドナルド・トランプの興隆を支援するのに非常に中心的な役割を果たしてきました」
ファーレントールド「我々はここから出てきたニューヨークの2件の捜査を見ています。一つはニューヨーク州の保険監督当局がトランプの保険ブローカーだったエーオンに(捜査官を)派遣したというもの。コーエンが言っていたことの一つは、トランプが基本的に自分がより裕福な人間に見えるように、そして保険料を下げようとしてより良い信用リスクを見せるために、エーオンにもそれらの財務諸表を送っていたということです。ニューヨーク州は基本的にそのことについての詳細をエーオンに訊ねています。そしてニューヨーク州の司法長官が、トランプとの接触についての情報を求めて、トランプのこの期間の貸し手であるドイツ銀行に召喚状を送るのを我々は見るのです。トランプがドイツ銀行を騙して詐欺を働いていた可能性があります。それは一つの問題ではなく―法律面で白と黒の答えがあると私は思います。もしトランプがそれらの文書を貸し手に送ったとしたらそれは詐欺でしょうか? そしてその結果として融資を受けたとしたら? 私たちは、本当に知るには早すぎると言っている多くの専門家たちと話をしました。私たちはさらに多くの大きな写真を見なければなりません。私たちが専門家たちと話してひとつ疑問に思ったのは、それらの声明は馬鹿げていて、それらはこれまでのところ正当な監査済みの財務調査ではありませんでした。それを詐欺行為とみなすことができない可能性があります。なぜならそれは簡単に見抜ける詐欺だからです(皮肉)。(以下略)」

 最後の方は疲れてきたので翻訳を省略しました。語り手が早口で小難しいことを言っているので訳すのが大変でしたわ。
 それはさておき、動画のテーマに話を戻します。要するに、トランプは銀行から融資を受ける際に、実際に持っているのより多くの資産を持っていると吹聴したらしい。トランプの性格を考えると、さもありなんと思います。
 もちろん貸し手(この場合はドイツ銀行)には、借り手の資産を正当に評価できなかった責任はありますが、だからといって借り手(この場合はトランプ)が免責されるわけでもない。これは飽くまで一般論ですが、常識的に考えて、嘘をついて金を借りるのはまずいですぞ。

ドナルド・トランプ

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

『ODAKYU VOICE home August 2018 ISSUE 88』小田急電鉄(株)

 「今月の歳時」(P06-07)に「新宿クリエイターズ・フェスタ2018」(P06)というイベントが載っています。
 このイベントは新宿の各所で開催されていたもので、私もちょっとだけ行ってきました。その時の感想は…当該イベントのパンフレットのレビューの形で述べるとしましょうかね。

ODAKYU VOICE home August 2018 ISSUE 88

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い(2003年、アメリカ)

監督:スティーブン・ノリントン
出演:ショーン・コネリー、スチュアート・タウンゼント、ナサーラディン・シャー、ペータ・ウィルソン、トニー・カラン、シェーン・ウエスト、ジェイソン・フレミング
原題:The league of Extraordinary Gentlemen
備考:アクション・アドベンチャー

あらすじ…19世紀末、驚異のハイテク兵器を駆使して世界征服を企む“ファントム”率いる謎の集団に、全世界の平和が脅かされていた。その脅威に対抗すべく、大英帝国は伝説の力を秘めた7人の超人たちを呼び寄せ、超人同盟“ザ・リーグ”を結成した――(パッケージの紹介文より引用)

 少々調べてみたところ、ファントムの元ネタはガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』。とすると、マスクの下にただれたような傷があるのも納得。
 それから、ネモ船長の部下イシュマエルはハーマン・メルヴィルの『白鯨』の主人公。ただし、主人公といっても普通の船乗りなので、特殊能力などはありません。
 尚、上記の2作品及び『ジキル博士とハイド氏』(※)を映像化したものを、当ブログにてレビューしております。記事の末尾にリンクを貼っておきますので、参考までにどうぞ。

 最後に、モリアーティ教授についても言及しておきます。
 モリアーティ教授はシャーロック・ホームズ最大のライバルと言ってよい存在で、公式にはライヘンバッハの滝に落ちて死んだことになっています。
 ネタバレ防止のために彼がいつどこで登場するのかは伏せておきますが、この映画では「実は生きていた」という設定になっています。
 そもそも一緒に落ちて死んだことになっていたシャーロック・ホームズだって生還したんだから、モリアーティが生きていても不思議はあるまい。特に人気の高いヴィラン(悪役)なら簡単には死なせてもらえない。

※この映画ではジキル博士&ハイド氏も登場。ただ、ここでのハイド氏は超人ハルクのようなパワー系の巨漢になっています。

【関連記事】
オペラの怪人(1943年)
ジキル博士とハイド氏(1912年)
白鯨
シャーロック・ホームズ(目次)

『さくらたび。 2018.09 Vol.08』東京都交通局電車部営業課

 表紙を飾るのは、あらかわ遊園(東京都荒川区西尾久6-35-11)のメリーゴーランド。写真をよく見るとメリーゴーランドの塗装がところどころ剥げているのが見受けられます。ボロボロ。
 さて、本誌によるとそんなあらかわ遊園は、「今年12月からはリニューアルのため2年間休園予定」(P2)とのこと。休園前に行っておこう、と言ってるんですかね。

さくらたび。 2018.09 Vol.08

ワンダーウーマン(2017年、アメリカ)

監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コニー・ニールセン、エレナ・アナヤ
原題:Wonder Woman
備考:ヒーローアクション

あらすじ…セミッシラ島のアマゾン族の王女ダイアナは戦士として育つ。そんなある時、一人の男がセミッシラ島に迷い込み、それによってダイアナは第一次世界大戦に巻き込まれることになる。

 冒頭、ブルース・ウェイン(バットマン)からダイアナ(ワンダーウーマン)のもとに写真が届き、ダイアナがそれを見て100年前の出来事を回想するという形で話が始まります。
 ちなみにこの写真は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で登場しており、この場面は「ジャスティスの誕生」の後だということがわかります。もっとも、メインストーリーであるワンダーウーマン誕生の経緯はそれより遥かに昔の話なので、バットマンの件は忘れてしまって構わないでしょう。

 さて、今作のワンダーウーマンは外界と隔絶した故郷から出てきたばかりのせいか、文化の違いによる衝突を繰り返しています。
 又、そんな彼女の目を通して当時の男尊女卑を描いており、これはこれで面白い。大戦によって男たちが兵士として出征し、その労働力を穴埋めする形で女性が働きに出ることで女性の社会進出が進んだとされているのですが、それでもまだまだこのレベルだったということです。

平成31年4月21日執行 杉並区議会議員選挙選挙公報

(1)高橋しょうご(落選)
高橋しょうご
 懐かしい名前を発見。この人は都知事選に立候補していました。もちろん泡沫候補としてです。都知事選の当落については言わずもがな。
 選挙公報で生存確認するのもどうかと思いますが、お元気そうで何よりです。

(2)よこた政直(落選)
よこた政直
 「みんなの党公認」とあります。みんなの党ってまだあったの!? 少々調べてみると、どうやら復活していたらしい。

平成31年4月21日執行 世田谷区議会議員選挙選挙公報

(1)上川あや(当選)
上川あや
 LGBT議員。
 選挙公報の左下の「応援します」と題した囲みの中に2人の名前を掲載。その2人とは以下の通り。

社会学者
宮台真司

漫画家「弟の夫」原作
田亀源五郎

 宮台真司はともかくとして、田亀源五郎の名前を見た時には心の中で「ファッ!?」と言ってしまいました。田亀源五郎はハードな描写のホモマンガを描いているのを私は知っているからです。たまげたなあ。

(2)木村ユースケ(落選)
木村ユースケ
 選挙公報にこんなことを書いています。

衆議院議員手塚よしお・落合貴之の秘書として、
世田谷のすみからすみまで駆け回ってきた僕こそが、
この街が抱えている課題に真正面から向き合い、
解決策を探していきたいと思っています。
僕たちの世田谷ですから。

 意地の悪い見方をすれば、立候補した段階でまだ「解決策」を提示していないということになります。
 こちらの選挙公報をチェックしただけでも、他の候補者たちの多くは「解決策」を色々と提示しているのが見て取れます、例えば「最低賃金を1200円に」(藤井まな)とか、「三軒茶屋駅南口にエレベーターを設置します!」(津上ひとし)などです。(もちろんそれぞれに賛成・反対はあるでしょうが、それは各人が判断して投票行動に活かせばいいことです。)
 しかるに、木村ユースケ氏の選挙公報はそういったレベルに達しておらず、少なくとも私には見劣りがします。

『HOT ほっと TOKYU 2018 Sep. 9 vol.469』東京急行電鉄株式会社

 特集記事は「この秋、渋谷~代官山が変わる!」(P2-7)。その中に、渋谷ストリーム(東京都渋谷区渋谷3-21-3)が9月13日にオープンとのこと(P4-5)。
 渋谷ストリームについては、何かの機会に立ち寄ってみることにして、書くことがあれば書こうと思います。

HOT ほっと TOKYU 2018 Sep. 9 vol.469

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年、アメリカ)

監督:ジェームズ・ガン
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー、カート・ラッセル
原題:Guardians of the Galaxy Vol.2
備考:SFアクション

あらすじ…宇宙の危機を救い一躍有名になったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだが、ドタバタ騒動は相変わらずだった。そんなある時、ピーター・クイルの父親を名乗るエゴが現われる。

 このシリーズは昔の名曲がBGMとして使われているのが特徴の一つなのですが、前作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に較べると、聴いた覚えのある曲が減っているように感じられました。私がただ単にその方面に疎いということもあるんでしょうけど、今に残る名曲の数にも限りがあるのも事実。ある程度はやむを得ない。

 それから、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーについても少々。
 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、最終的にはどこかのアベンジャーズみたいにメンバーが増えています。私はもう、名前を憶える気がなくなりました。

 最後に、良かった点について。
 前作と同様、今作もドタバタぶりは健在です。その点では楽しく観ていられます。

【関連記事】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

『ほっともっとMENU 2018 9』ほっともっと

 ほっともっとでカットステーキ重を購入した際に入手。
 本メニューによるとカットステーキ重は税込590円と、のり弁当(同300円)や日替りランチ(同500円)などと較べて高い。やっぱり肉々しいからですかね。
 さて、今度ほっともっとへ行ったら、何にしようかなあ。

ほっともっとMENU 2018 9

ウィリアム・バーが古典作品を要約する(2019年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/wnx2RnhguUE

原題:William Barr Summarizes Classic Texts
備考:コメディ

あらすじ…ウィリアム・バーが古典作品を要約する。

 ロシアゲート疑惑を捜査していたモラー特別検察官の報告書の概要を、ウィリアム・バー司法長官が議会に提出しました。その概要はたったの4ページ。随分と要約しましたな。
 というわけでこちらの作品ではそれをネタにしています。もしもバーがこんな調子で古典作品を要約したら…というものです。
 さて、古典作品の要約の部分だけ訳しておきました。

【拙訳】
『ロミオとジュリエット』
その演劇は二人の人間が恋に落ち毒を飲んだことを述べています。キャピュレット家もしくはモンタギュー家が、服毒もしくはその後の自分を刺すことに共謀もしくは調整したということは捜査では確認できなかった。

『若草物語』
成長物語。その本は登場人物たちの大きさや性別について結論を出していない。

『白鯨』
作者は法的な結論に達することなく、鯨による足の切断(※)の事実を説明します。鯨の行動が犯罪であるかどうかの判断は私にお任せあれ。その証拠は鯨によってそのような罪があるとは決定付けられないと私は結論を出しています。全て免罪。

※白鯨(モビー・ディック)は過去にエイハブ船長の片足を奪った。

 上記3作品の内、『ロミオとジュリエット』と『白鯨』は読んだことがありますけど、これはひどい。特に『白鯨』はストーリーを全然述べていない。

【関連記事】
白鯨
ロミオとジュリエット(1968年)
ドナルド・トランプ(目次)

『新宿フィールドミュージアム2018 オフィシャルガイドブック』新宿フィールドミュージアム協議会

 2018年9月1日(土)~11月30日(金)開催。
 私は本誌片手に、エコギャラリー新宿にて開催された「みんなの区民ギャラリー展」(P22)に行ってきたのですが、展示品は絵画・写真・絵ハガキなどジャンルがバラバラな上、アマチュア作品と思われるものが多い。子供の習字作品を見ると、紙面いっぱいに文字を書こうとしているのがいかにも未熟な感じがしてほほえましいです。
 一流の美術品を鑑賞するのも結構ですが、こういうものも観る度量の広さがあったっていい。

新宿フィールドミュージアム2018 オフィシャルガイドブック

«ウィリアム・バーの概要はモラーの報告書について多くを答えていない(2019年、アメリカ)

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30