無料ブログはココログ

『SALUS 4 Apr 2018 vol.205』東京急行電鉄株式会社

 「INFORMATION」(P30-31)にこんな記事を発見。

集英社の雑誌『LEE』特別編集
オリジナルマガジン『SENSE UP LEE』
4月7日(土)より無料配布!

 機会があれば入手しておきましょうかね。機会があれば。

SALUS 4 Apr 2018 vol.205

【追記】
 『SENSE UP LEE』は結局入手できずじまいでした。

サタデー・ナイト・ライブ:ホモのサマーキャンプ(2013年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/eGx7tiNofVc

原題:Gay Camp - Saturday Night Live
備考:コメディ

あらすじ…サマーキャンプが始まる。スタッフのマーヴィンが同性愛の生徒たちをノンケにしようとするが…。

 サマーキャンプとは夏季休暇に小学生やティーンを対象にして行われるキャンプ。ここで同性愛の子供たちをノンケ(ストレート)に「矯正」しようというものですが、もちろんサタデー・ナイト・ライブの作品だからストレートに行くはずはない。
 尚、作品中に紹介される映画は、フランシス・フォード・コッポラ監督の「アウトサイダー」。私は未見ですが、どうもゲイ的な要素があるらしい。男同士の熱い友情の物語…あっ…(察し)。

酒井茂之『東京ご利益スポット散策ガイド』明治書院

 東京都23区の神社仏閣を掲載。

 本書P195に、当ブログの日記コーナーで取り上げたことのある「お岩(於岩)さま墓碑・妙行寺」がありました。
 「お岩さまのお墓に卒塔婆を差し上げ願をかけると、必ずかなうといわれている」(P195)とのこと。なるほど、神社に絵馬を奉納するのと同様、こちらでは卒塔婆を差し上げるのか。

お岩さんの墓(筆者撮影)

【参考文献】
酒井茂之『東京ご利益スポット散策ガイド』明治書院

【関連記事】
お岩さんの墓(妙行寺)

なまくら刀(1917年、日本)

 このアニメは、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/awVVpIVVh8g

備考:モノクロ、無声、アニメ

あらすじ…刀を手に入れた侍は早速それを使って辻斬りをしようとする。

 ユーモラスに描写されていますが、主人公(侍)がやってること(辻斬り)は決してほめられたことじゃない。というより犯罪です。良い子のみんなはマネしちゃいけませんよ。

 それから、よく見ると侍は片目だけ回しているところが出てきます。よくそんな芸当ができるものだ。

浅田次郎「薔薇盗人」

あらすじ…洋一少年が豪華客船の船長で航海中の父に手紙を送る。

 主人公の母親は夫が長期不在で暇を持て余した有閑マダム。そして主人公の担任の先生(ニック)は若くてイケメン。あっ…(察し)。
 どういうことかは本書を読んでのお楽しみとさせていただきますが、薔薇盗人の正体を含めて子供の洋一少年にはわからないものの大人の読者には「ああそうか」とわかる仕組みになっています。

【参考文献】
浅田次郎『薔薇盗人』新潮社

ファントーシュたちの恋のさやあて(1908年、フランス)

 このアニメは、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/8fS-7fn-C9U

監督:エミール・コール
原題:Un Drame Chez Les Fantoches
備考:モノクロ、無声、アニメ

あらすじ…ある一人の女性を巡って男がアプローチする。

 ファントーシュはフランス語で操り人形の意味。ここでは作品の登場人物を指します。そういえば彼らの動作がどことなく操り人形っぽく見えますな。
 それから、アプローチの方法が住居不法侵入やスカート強奪など、普通に考えてそれ犯罪だろ、というのが出てきます。念のために言っておきますが、良い子のみんなはマネしちゃいけませんよ。そんなことをしても彼女のハートを射止めることはできませんからね。

浅田次郎「ひなまつり」

あらすじ…夜、小学生の弥生が自宅で一人留守番をしながらボール紙の雛飾りを作っていると、そこへ母親の恋人だった吉井がやってくる。

 こんなセリフを発見。

「渋谷橋からね、渋谷が見えるんだよ。ねえ、ちょっとだけ」(P258)

 少々調べてみると、渋谷橋は今もあり、JR恵比寿駅の近くにあるらしい。恵比寿と渋谷は近いから、当時(1964年の東京オリンピック開催直前)は見えたのでしょうな。今はどうだかわかりませんが。
 尚、主人公と母親はそこから更に歩いて三軒茶屋の自宅まで歩いて帰るのですが、ちょっと距離があります。私は恵比寿から三軒茶屋まで歩いたことはありませんが、三軒茶屋から渋谷まで歩いた経験はあり、手許の地図で確認すると直線距離は大体同じくらい。う~ん、あれぐらいなら歩けるか。

【参考文献】
浅田次郎『薔薇盗人』新潮社

トランプと習近平のトランプゲーム(2018年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/-NE_L4qLBkA

原題:Trump And Xi's High Stakes Poker Game
備考:コメディ

あらすじ…各国首脳が集まってゲームをするが、トランプは習近平と一騎打ちになる。

 賭け金としてノーベル平和賞や金正恩、エリック・トランプ(※次男)も登場。そんなもん賭けるなよ! つーかエリック返されてるぞ!

 尚、原題の"High Stakes Poker"は、かつて放送されていたアメリカのテレビ番組。ルールは知りません。

ドナルド・トランプ

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

浅田次郎「佳人」

あらすじ…老母が自分の部下(吉岡)に見合いをさせてはどうかとすすめてくる。とりあえず吉岡と母を会わせてみることに。

 ユーモアあふれる小品。
 ネタバレ防止のために結末は伏せておきますが、最後のオチには笑っちゃいました。ともかくもハッピーエンドってことでいいんじゃないでしょうか。

【参考文献】
浅田次郎『薔薇盗人』新潮社

鉄鋼の街はトランプ大統領の公約の実現を待ち望む(2018年、アメリカ)

 このドキュメンタリーは、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/jxHA_exAG38

出演:ジョン・ゴロン、シェルドン・デーヴィス
原題:Steel town waits for President Trump's promises to come true
備考:ドキュメンタリー

あらすじ…かつて鉄鋼産業で栄えたペンシルベニア州モネッセン。その地の住民たちは、トランプが大統領選挙の時に約束した鉄鋼産業の復活を待ち望んでいる。

 この映像作品の舞台はラストベルトの一角で、大統領選では多くの住民がトランプに投票したとのこと。
 尚、実現を待ち望む、ということはまだ実現していない(=トランプは約束を果たしていない)ってことです。実際、工場の廃墟や寂れた商店街が何よりの証拠。それにしても、これらを見ると、デトロイトの光景を想起しますな。
 トランプ大統領だって一応、EUや日本などに鉄鋼関税を課したりと、何もやってないわけじゃない。ただ、これくらいのことで昔日の栄光を取り戻せると思うのは甘すぎるでしょうな。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

浅田次郎「奈落」

あらすじ…高層エレベーターで転落死した男の葬儀が執り行われる。

 葬儀に参加した者たちの会話を通して、故人(片桐忠雄)の人物像が浮き彫りになってゆく、というものです。最初はOLたち、次に通夜の番人、そして会社の同期2人、最後に会長と社長。
 ただし、彼らは事件の全体像を把握しておらず、又、各人の情報を取りまとめる探偵役も出てこない。ネタバレ防止のために結末は伏せておきますが、彼らの語ることがどこまでが真実でどこまでが嘘か確かめようがないまま話が終わっており、モヤモヤしたものが残りましたわ。

【参考文献】
浅田次郎『薔薇盗人』新潮社

メリー・リトル・クリスマス(2017年、アメリカ)

 このミュージックビデオは、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/LgQ0lIfr2Kg

出演:リズ・フェリシアーノ
原題:Merry Little Christmas (Harp Rendition)

あらすじ…女性がハープを演奏する。

 ロケ地が森の中や山頂、見晴台など様々な場所に分かれており、撮影の拘束時間と移動距離が長かったことがうかがえます。ただ、風景があんまりクリスマスっぽくないのが難点でしょうか。
 それから、演奏している曲「メリー・リトル・クリスマス」は知らなかったので調べたところ、原題は"Have Yourself A Merry Little Christmas"といい、(この映像には歌はありませんが)歌詞は、ささやかなクリスマスを祝おうというものです。女性一人で演奏していることを考えると、何とも言えませんな。

«幻想の新宿―月岡芳年 錦絵で読み解く四谷怪談―(新宿歴史博物館)

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31