無料ブログはココログ

火星の馬(2001年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/IAkFTIXtv94

 こちらでも観られます。
https://vimeo.com/ericlawanderson/hom

監督:エリック・ロウ・アンダーソン
原題:Horses On Mars
備考:SF、アニメ

あらすじ…約36億年前、地球に隕石が衝突し、微生物が小石に乗って宇宙空間へ。そして長い時を経て火星に辿り着き…。

 こちらはCGアニメなのですが、2001年の作品ということもあってか…いや、これでも自主制作にしては頑張った方か。
 尚、ナレーションの声が小さすぎて私には聞き取れませんでした。ですので、ストーリーはインターネット・ムービー・データベースの当該記事を参照して書きました。

堀あいえ『スタイリッシュ・シネマとスケッチノート 映画のなかのファッションと衣裳デザイン』文化出版局

 スタイリッシュな映画のファッションに注目した本。「ある公爵夫人の生涯」「我が至上の愛~アストレとセラドン~」「ブラック・スワン」…う~ん、観たことないなあ…と思ったら、マリリン・モンローを描いた「マリリン 7日間の恋」(P20)を発見。うん、これなら観たぞ。
 ただ、本書に「ここでのモンローのファッションは、シックなイメージで描かれている」(P20)とありますが、あいにく私には彼女のファッションの記憶がありません。憶えているのはメンヘラ描写です。
 同じ映画を観ているはずなのに、なぜこんなことになてしまったのか? それはおそらく、私と著者(堀あいえ)とでは観ているところが違うのでしょう。

【参考文献】
堀あいえ『スタイリッシュ・シネマとスケッチノート 映画のなかのファッションと衣裳デザイン』文化出版局

新しい悪夢:始まり(2018年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/hM74QLf82Uk

監督:ステイシー・マイゼンハイマー
出演:マデライン・マイゼンハイマー、ステイシー・マイゼンハイマー
原題:A New Nightmare: The Beginning.
備考:ホラー

あらすじ…女の子が悪夢を見る。

 おやおや、あの鉤爪はフレディ・クルーガー(※)じゃないかと思ったらやっぱりフレディでした。悪夢の中で女の子が着ている白い服も、映画に出てきたものに似ていますな。
 それにしても、タイトルに「始まり」とあるということは、まだまだこんなもんじゃ終わらないぞ…ってことなんでしょうね。

※映画「エルム街の悪夢」シリーズに登場する殺人鬼。

『ふれあいの窓 5 2018/May No.277』都営交通

 森下・清澄白河エリアを特集(P1-8)。
 その中の地図にこんな記述を発見。

東京都現代美術館
(平成30年4月末現在 休館中)
(P3, P7)

 東京都現代美術館の公式サイトによると2019年3月下旬リニューアル・オープンらしい。おやおや、まだまだかかりますね。

ふれあいの窓 5 2018/May No.277

『Metro min. 5.20 2018 JUN No.187 6』スターツ出版株式会社

 本誌P004に猿田彦珈琲を掲載。スペシャルティコーヒーの店か、ちょっと気になるなあ。後で調べてみるか。

Metro min. 5.20 2018 JUN No.187 6

【追記】
 後日、新宿へ行った際に猿田彦珈琲のコーヒーを飲んでみました。おいしかったです。

『いずのたび 2018 04/06』一般社団法人 美しい伊豆創造センター

 表紙を飾るのは西伊豆の堂ヶ島公園。本誌P08-09に堂ヶ島公園の記事あり。
 表紙の写真はきれいな夕陽が見えますが、こういうところだと、この時間には大抵の店が閉まってそうですな。

いずのたび 2018 04/06

滅びに通じる門(2011年、イギリス)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/yqyQmecxub4

監督:マット・ウェストラップ
出演:ジョン・モーソン、ロバート・ローウェ、ジョナサン・アンドリューズ
原題:The Gate
備考:SF

あらすじ…数人が集まって、人間が怪物に突然変異したケースを話し合う。

 冒頭に聖書の一節が引用されています。当該箇所を手許の聖書で調べてみると…

 狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。(「マタイ福音書」第7章第13節-第14節)

 それから、映像中で引用されているのは以下の部分です。

滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。

 そもそもこれはイエス・キリストによる山上の説教の一部なのですが、引用文ではネガティブな箇所を抜き出しています。ダークな雰囲気を表現するにはいいかもしれません。
 そんなわけで、邦題は聖書の表現を使わせていただきました。
 ともあれ、変異した人たちは「滅びに通じる門」に入ってしまったんでしょうかねえ。

『しずおか元気旅 2018 春』静岡県大型観光キャンペーン推進協議会

 「『#修善寺恋橋』インスタキャンペーン」(P15)なるものを発見。
 そういえば修善寺にお参りした時にそんな橋を見かけたような記憶があります。ただ、あの近辺は観光地としてよく開発されていて、他にも色々と見所は多い。

しずおか元気旅 2018 春

『tower+ APR.27 special issue』タワーレコード

 映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を特集。
 ちょっと注意してほしいのは、過去作のネタバレが書いてあるということです。「キャプテン・アメリカ」シリーズや「アイアンマン」シリーズ、「ソー」シリーズ、「ドクター・ストレンジ」「スパイダーマン」「アントマン」「ブラックパンサー」「インクレディブル・ハルク」、それから「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの結末部分を含むあらすじが記述されているのです。
 「もう全部観たよ」という人は平気でしょうけど、まだの人は当該箇所を読み飛ばした方がいいかもしれません。

tower+ APR.27 special issue

【関連記事】
アベンジャーズ
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

SCP:サイト22(2018年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/JISSJs6HNFw

監督:クレイ・アベル
原題:SITE 22
備考:SFアクション

あらすじ…二人の警備員が脱走したSCPを待ち受けるが、喧嘩を始めてしまう。

 SCPとは人知を超えた存在である、奇妙な物・現象・生物・場所等のこと。今回登場するのは小型の怪獣といったところでしょうか。そもそもこれ、食い止めるのは二人じゃ無理っぽいですな。

『tower+ APR.25 SPECIAL ISSUE』タワーレコード

 映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を特集。
 これはB3サイズの紙を四つ折りにしたもので、裏面がルーク・スカイウォーカーのポスターになっています。これを見ると、「最後のジェダイ」はルークなんだぞと言っているように感じました。
 尚、実際のところどうなのかは本作を観て確かめるべし。

tower+ APR.25 SPECIAL ISSUE

【関連記事】
スター・ウォーズ(目次)

『ODAKYU VOICE home June 2018 ISSUE 86』小田急電鉄(株)

 「ODAKYU HOT TOPICS」(P11)によると、2021年春に、海老名駅隣接地に「ロマンスカーミュージアム」がオープンするとのこと。小田急線ロマンスカーの鉄道ミュージアムですが、よくよく考えてみるとロマンスカーに絞っているのはニッチですな。

ODAKYU VOICE home June 2018 ISSUE 86

«ワンダーウーマン:闇の正義(2014年、アメリカ)

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30